ロウソク足に慣れてきたら平均足にチャレンジ

ロウソク足に慣れてきたら平均足にチャレンジ

平均足とは、4本値の平均値を利用して、ローソク足を描画することで、4本値(始値終値高値安値)からなる通常のローソク足に比べて、紛れを減らそうとしたものです。

ローソク足と高値と安値は同じものの、始値と終値が違います。通常のローソク足に比べて上昇トレンドでは陽線が、下降トレンドでは陰線が連続して発生するのが特徴です。また、平均足はコマ足と呼ばれることもあります。

平均足の詳細

前日の平均足の始値と終値を2で割ったものを当日平均値の始値、当日の4本値の平均値を当日平均値の終値として、実体部分を描画し、ひげは当日の高値安値を利用して描画します。

平均足の仕組み

ローソク足と同じように、上昇の時は陽線、下落の時は陰線を示します。

注意点としては、終値が4本値の平均なので、現在値がどこにあるのか分からないということです。

その他、ローソク足とは始値と終値が違うということで見方が異なりますので、それを以下に挙げておきます。

視覚的にトレンドを判断し易い

平均足は実態の大きさがトレンドの強さを示しており、前日の足の実体部分よりも当日の実体が短い場合はトレンドの転換の可能性があると判断できます。

視覚的にも、平均足はローソク足と違い上昇トレンドの場合には明確に陽線が表れやすくなり、また下落トレンドの場合は陰線が表れやすくなります。

ローソク足と平均足によるGBP/USDチャートの違い

しばらく陽線が続いた後に、陰線が現れるとトレンド転換の可能性が出たと判断できます。

つまり、平均足を使うとローソク足で見るよりもトレンドが明確に分かり易いといえます。

ヒゲの意味が異なる

平均足の高値と安値はローソク足と同じですが、実体が違うためヒゲの意味も異なります。

ローソク足では長い下ヒゲができると、一旦下落したものの最終的には大きく買われたということで、強い上昇と捉えることができます。

しかし、平均足では算出方法の違いから上昇局面では下ヒゲがなく、終値が4本値平均値の為に上ヒゲの長い陽線が続きます。逆に下降局面では上ヒゲがなく、下ヒゲの長い陰線が続くことになります。

逆にいえば、陽線でも下ヒゲが出てくると下落に転じる可能性が出てくる。陰線でも上ヒゲが出てくると上昇に転じる可能性が出てくるということになります。

下はドル円が100円から120円まで上昇する過程をローソク足と平均足で比較したものになります。

ローソク足と平均足で比較するUSD/JPYのチャート

上昇トレンドの際はローソク足よりも陽線が連続しております。そして、2014年10月31日の日銀の金融緩和の際には大きな実体となり、その後上ヒゲのある陽線が続いていることが分かります。

平均足まとめ

平均足の長所

  • トレンドの把握がシンプルで明確
    買いの場合:実体が大きく連続する陽線
    売りの場合:実体が大きく連続する陰線
  • トレンドの転換も分かり易い
    上昇トレンド:陽線から陰線への転換、連続した陽線に下ヒゲの出現
    下落トレンド:陰線から陽線への転換、連続した陰線に上ヒゲの出現

平均足のデメリット

  • 現在値が分からないため、短期売買には向かない
  • 値動きの細かな変化やニュアンスを読み取れない

以上のことから、超短期売買や細かなポイントを狙った売買には不向きなものの、トレンドの中心部分を狙ういわゆる「たい焼きの美味しい部分」を狙ったトレードに向いているといえます。

みんかぶ編集室

資産運用のトレンド情報や、初心者が楽しく学べるお金の基本コラムなど、資産形成をするすべての人に向けた記事を提供します。

注目サービス

FXアプリ スマホランキング

1
GMOクリック証券
ドル円スプレッド 原則固定適用対象外
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 1,000通貨
(※南アフリカランド/円とメキシコペソ/円は10,000通貨単位)
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

最新情報を発信中

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.