トレードスタイルを決めよう!

トレードスタイルを決めよう

トレードスタイルは、超短期売買のスキャルピングトレードから、長期トレードのポジショントレードまで幅広いです。

なかでも「デイトレード」という言葉を聞いたことがある人がほとんどではないでしょうか。

デイトレードとはその名の通り、1日の内に取引を完結させる取引スタイルのことをいいます。

細かく分けると、FXのトレードスタイルは主に4種類ありますので、自分の生活スタイルや性格に合わせて決めていきましょう!

面白いもので、実際にお金の掛かった取引を行うと、自分の性格がハッキリと出てくるものです。

少しの利益や損失で不安になる人や、多少の値動きは動じずじっくりと腰を据えて取引をする人、その場その場の状況に臨機応変に対応できる人など様々です。

そういった意味では、取引を行うことは自身の性格を見直す良いチャンスともいえそうですね。

4つのトレードスタイル

4つのトレードスタイル
・スキャルピングトレード
・デイトレード
・スイングトレード
・ポジショントレード

トレードスタイルは以下の4種類あります。

  • スキャルピングトレード
  • デイトレード
  • スイングトレード
  • ポジショントレード

トレードスタイルは、自身の性格や生活リズムに合ったものが一番ですので、自分に合った取引スタイルを見つけることがFXトレードでの成功への近道といえそうです。

スキャルピングトレード

スキャルピングトレード
短時間でトレードをするスタイル

日本語にすると、超短期トレードといえます。

僅か数銭の値幅を狙って、頻繁にトレードを繰り返すことをいいます。

1スキャルピングトレーダーの中には、1分以上ポジションを持たずに、1銭でもマイナスになれば損切りし、逆に1銭プラスになれば利益確定を行うトレードを行う人もいます。

まさにまばたきのする間もない早業がものをいう世界といえそうです。

値動きが激しい相場にスキャルピングを行うと、1度の損失が大きくなってしまいますので適しませんが、落ち着いた値動きの時に僅かな差益を狙い、薄利微損のトレードを行うことが適しているといえそうです。

決断力があり、損失が出ても後に引きずることの無い前向きでさばさばした性格の人が適しているようです。

なお、スキャルピングトレードは、損失も利益の差も大差ない為に、通貨ペアや取引時間帯ごとの値動きのクセを覚え、勝率を高めていくことが重要といえます。

デイトレード

デイトレード
1日でトレードを完結させるスタイル

1日でトレードを完結させるスタイルのことをいいますが、トレーダ-=デイトレーダ-という間違った認識が広がっています。

トレード時間は人によって様々ですが、寝る前には必ず決済を行うことがポイントとなっています。今、FXトレーダーの中で一番多いトレードスタイルがデイトレードのようです。

通勤時間やお昼休みなど、少しの時間で戦略を考えオーダーを出す人も多いようです。

1日の流れを見極めることがポイントですが、ドル円であれば数十銭から1円程度の値動きを狙っている人がほとんどです。

スイングトレード

スイングトレード
1つの大きな値動きの波を狙ってトレードするスタイル

1つの大きな値動きの波(スイング)を狙って、トレードを行うことをいいます。

よく数日から1週間程度のトレードを行うことと説明されていることが多いですが、それは誤っており、正しくはある一定の大きな値動きを狙うことをいいます。

それがたまたま1週間で値動きが落ち着いてくることが多いことから、そういった説明になったようです。

重要なことは、ある一定の期間の流れを予想する市場経済を読む力が必要になります。

基本は値動きに逆らわない順張り(上昇トレンドの場合は買いから入ること)という投資方法を行い、相場の値動きに逆らわずに利を伸ばしてゆくことがポイントとなります。

ポジショントレード

ポジショントレード
数週間から数ヶ月の流れを追いかけるトレードスタイル

非常に長い期間の流れを読み、数週間から数ヶ月の相場の流れを追いかけるトレードスタイルのことをいいます。

場合によっては数年にわたりポジションを保有する人もいます。

巨額の資金を扱う年金基金や機関投資家がこのスタイルを取ることが多いようです。

ファンダメンタルズ分析と呼ばれる各国の金融政策の流れや経済状況を読むことが重要になります。

アベノミクス相場のような大相場を狙う時には、このスタイルが効果を発揮します。

数年に一度の相場の転換点を見極めることができれば、一度のトレードで大きな利益を上げることができます。

さらに、長い期間通貨を保有することから、豪ドルのような高金利通貨を買って、円のような低金利通貨を売るトレードを行うと、毎日金利収入も得られることにより、利益は更に増大します。

2014年から利上げが開始されたニュージーランドドルのような高金利通貨を保有していれば、数カ月で、為替差益と金利収入の両方を手に入れることができ、資金を倍増させることも可能となります。

その時々の相場に合わせることが重要となりますが、まずはトレードを初めてみて、自分の正確や生活スタイルに合ったストレスのないトレードスタイルを探してみましょう!

みんかぶ編集室

資産運用のトレンド情報や、初心者が楽しく学べるお金の基本コラムなど、資産形成をするすべての人に向けた記事を提供します。

注目サービス

FXアプリ スマホランキング

1
GMOクリック証券
ドル円スプレッド 原則固定適用対象外
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 1,000通貨
(※南アフリカランド/円とメキシコペソ/円は10,000通貨単位)
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

最新情報を発信中

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.