損切りレートの決め方

損切りレートの決め方

皆さんはトレードする上で、損切りオーダーを迷ったことはないでしょうか?
実際に、損切りをどこに置くのかはトレードをする上で永遠の課題かもしれません。
ここではまず始めに基本的な損切りの考え方として「リスクリワード」をご説明した後に、具体的な3つの損切りポイントの置き方をご紹介したいと思います。

目次

リスクリワードを考えてシンプルに

リスクリワードは1:2がおすすめ!

では、リスクリワードとは一体なんでしょうか。
それは損切りにかかった場合の損失:利益確定した場合の収益の比率です。

また、基本的にリスクリワードは1:2がよいでしょう。
そうすることで、1勝2敗したとしても利益を±0でおさめることができます。

例えば、売る場合で考えてみると
損切りは50銭上:利益確定は100銭下
のように考えます。
もちろん、買いの場合は上下逆です。

具体的にトレードしてみたとすると、以下のチャートのようになります。

ユーロドル 1時間足 2016/4/5~2016/4/19

ユーロドル 1時間足 2016/4/5~2016/4/19
エントリー場所から損切り幅50pips、利食い幅100pips


①ユーロドルを1.1400でショートすると考える
②損切りはシンプルに50銭上、ターゲットは100銭下に置く
③そうすることで、リスクリワード=1:2に!

このようにして、リスクリワードを常に考えてトレードするのが基本です
尚。リスクリワードの比率に関してはトレードのスタイルや相場状況によって変更することも可能です。

この次ではリスクリワードを前提にしながらも、もう少し具体的な損切りポイントの置き方をみてゆきましょう!

心理的節目におく

心理的節目に置くのは一番、シンプルでわかりやすい方法です。心理的節目とは115円や100円、1.0000などキリのよい数字になります。そこのポイントに差し掛かるとしばしば、売買が活性化することがあります。

ドル円 4時間足 2016/04/19

ドル円 4時間足 2016/04/1
1ドル114円付近で推移しており、115円に逆指値を置く

①115円には届かないだろうと思い、ドル円を売る
②後はリスクリワードを考えつつ、ひきつけて戻り売り

心理的節目はオプション取引に絡む防戦買い・売りが起こりやすくなります。
ここで、オプションの説明は省きますが、簡単にいうと「115円は届かないように売る人たちがいる」と覚えておけば良いでしょう。

直近の安値・高値におく

一番簡単なのは、直近の安値や高値におくことです。

ドル円 1時間足 2016/4/9~2016/4/25

ドル円 1時間足 2016/4/9~2016/4/25
直近の最安値付近に逆指値を置く

①ここで直近の安値は107.654円
②一旦の下げ止まりを確認したので、108円で買ってみることにする
③単純に損切りポイントを107.624付近に決めれば良いだけです。ここではキリよく107.60円とします。

108円で買って損切りを107.60円に置いたので損切り幅は40銭です。先ほどのリスクリワード=1:2を考えれば、利益確定のターゲットは80銭上の、108.80円付近になります。

テクニカルポイントにおく

最後はテクニカル指標を用いて、利用する利用する方法です。

ポンド円 5分足 2016/5/11

ポンド円 5分足 2016/5/11
移動平均線の下に逆指値を設定


①ローソク足が75日移動平均線の上で推移していることを確認して打診買い
②あとは、75日移動平均線の下に損切りを設定(ここでは156円くらい)

ここでのポイントは、ダマシがあることも考慮して移動平均線より20~30銭下に損切りを置いていることです。

あくまでこれは移動平均線を使った一例ですが、もちろんボリンジャーバンド、ストキャスティクス、RCIなど様々なテクニカル指標の特性を活かし、応用が可能です。

肝心なのは損切りを前提としたトレード

このようにして、損切りの決め方はたくさんあります。トレードの時間や、その時の相場状況によっても決め方は異なるでしょう。
しかし、忘れてはいけないことは、

①損切りを前提としたトレードをする
②どこで損切りして、どこで利食いするのかリスクリワードを考える
③それをふまえた上で、自分に適した損切りポイントを考える

この3点につきます。どのように損切りを決めるのか考えるのもトレードの楽しみのひとつです。

ぜひ、上手に損切りできるようになって、トレードをワンランク上にステップアップさせましょう!

藤田 真史

2015年よりFXをはじめて修行中。好きなものはリスクオフ相場。趣味はショートすること。初心者の方々にわかりやすい記事をお届けします!!

注目サービス

FXアプリ スマホランキング

1
GMOクリック証券
ドル円スプレッド 0.2
(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

おすすめ記事

マガジン総合

読みだしたら止まらない! あなたの人生を豊かにする超厳選記事

連載FPがニュースを斬る!

ニュースで報道される事件・事故などをファイナンシャルプランナーが調査!

連載みんかぶ資格部

現在の収入を確実にアップさせる方法として「資格取得」を取り上げます!

連載人生100年時代の生活資金シミュレーション

老後資金の計算をする上で気になるポイントと差を検証していきます!

連載みんかぶFP相談室

みんながもっとハッピーになれるライフプランの魔法をお伝えします!

連載めざせ!理想のポートフォリオ

これから本格的に投資を始める方へ向けた「投資エッセイ」がスタート!

連載子育て30’sの『めざせ!富裕層』大作戦

子育て30’sが資産形成に奮闘する姿をドキュメンタリー形式でお伝えします!

連載2022年はリカレントが熱ちい!

雇用制度改革の必須条件である「リカレント教育」について熱く語ります!

連載FPの"気まぐれ"家計相談

相談経験が豊富なFPが、ライフプランのポイントを解説!

連載お先にライフシフト

「人生100年時代」の新しいライフスタイルをみんなで実現しましょう!

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCoについて気になる情報をお届け!

NISA・つみたてNISA

NISA(ニーサ)・つみたて(積立)NISAについて気になる情報をお届け!

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.