FXが人気の理由

FXが人気の理由

FXも良さそうだけど、株の方が身近な感じもする。そもそもFXってなにが良いの?

今回は魅力たっぷりの「FXのメリット」について説明していきます。まず、FXには下記のメリットがあります。

目次

資金効率が良い-4万円の元手で100万円が動く!-

FXでは実際に取引する額より少ない資金で取引することができます。

なぜ、少ない資金で大きなお金を動かせるのでしょうか?

それはFXが証拠金取引だからです。証拠金取引では、元手となる証拠金を担保に大きな金額を取引することができるのです。

例えば、「100万円を動かすために、100万円は必要ありません。そのかわり4万円以上は用意して、損して口座のお金が4万円を破ったら終わりですよ。」

といった具合です。

少ない資金で大きな取引ができる

先ほどの例では証拠金4万円でしたが、証拠金の額はFX会社や通貨ペアによって異なります。目安として、個人がかけられるレバレッジは最大25倍と金融庁が決めていますので、少なくとも取引額の25分の1は必要になります。

株式取引をしたことがある方はご存知だと思いますが、株式の信用取引のレバレッジは3倍です。

株式は銘柄や時節によって異なりますが、おおむね変動幅は比較的大きい傾向にあります。一方の為替は1日で1~3%程度の変動幅であることがほとんどなので、大きなレバレッジを掛けることが認められています。

もちろん、少なめの金額でリスクを大きく取った取引を控えたい方は、多めに入金してリスクを抑えて取引することも可能です。

リスクはあるものの、レバレッジで最大25倍まで資金効率を高めて取引することができる点はFXの魅力のひとつです。

取引時間が長い

FXのもうひとつの魅力は、「取引時間の長さ」です。

日本の株式市場は9時から15時までです。

サラリーマンの多くは仕事中なので、トイレにこもってケータイ電話で取引をする「トイレトレーダー」という造語まで生まれました。

一方で、為替の場合は平日24時間取引可能なのです。

正確にいうと、月曜日の早朝6:00~土曜日の6:00まで取引が可能です。

(使用するFX会社により、多少のズレがあります。)

FXの取引時間

さらに日本人の都合の良いことに、為替市場は昼間は落ち着いているのですが、夕方ごろになると動きが出始めて、最も活発に動くのは22時~午前2時なのあたりです。

ですから、もし残業で遅くなっても、家に帰ってから寝るまでじっくりトレードすることができるのです。

下の図は、ドル円の一日の値動きを表したチャートと呼ばれるものです。

ドル円の一日の値動き

ちょうど、日本人が仕事を終えた18時頃から夜中の2時ごろまで動きが出ていることが分かると思います。

逆に、昼間は比較的静かですよね。

もちろん、いつもこういった動きになるとは限りませんが、為替市場は比較的日本時間の夕方頃から大きく動くことが多いのです。

金利差が発生する

FXでは「スワップ」と呼ばれる金利差が発生します。

各通貨の金利はそれぞれ異なります。そのため、FXで通貨を売ったり買ったりすると取引した通貨間の金利差を受け取る、もしくは支払う必要があります。FXでは、これをうまく利用することでスワップ益を得ることができるのです。

FXで発生するスワップ益

もちろん、支払いが発生する場合もあります。スワップは日々変動しますので、うまく利益をあげたい方はFX会社のHPや取引画面でその日のスワップをチェックしながら取引しましょう。また、スワップを受け取るためにポジションを保有している間も、為替変動による損益が発生することも忘れないようにしましょう。

売りからも始められる

FXの買いと売り

FXでは買いでも売りでも、どちかからでも売買開始することができます。よく○○ショックなどと呼ばれる暴落が発生した時に、東京駅の近くの証券会社の該当インタビューで、「いや~、大損しちゃったよ。」といっている人を見たりしますよね。

しかし、FXは売ることもできますので、アベノミクス相場だけでなく、あのリーマンショックの際にも多くの人が億万長者になったといわれています。また、売りの方が比較的利益が出るのが早い傾向があることから、「売り坊」と呼ばれる売り好きのトレーダーも多いようです。

ほとんどの会社が手数料無料

取引手数料が無料

FXはほとんどの会社で手数料無料にしています。

(リピート注文という特殊注文や、取引所FXという種類のFXでは手数料がかかる場合もあります。)

そのため、トレーダーが取引コストとして意識するのは、新規注文が約定した直後に買値と売値の差額分マイナススタートになること、金利の高い通貨を売り注文から取引スタートしたり、金利の低い通貨を買い注文から取引スタートしたら金利差を支払うことの2点のみです。

みんかぶ編集室

資産運用のトレンド情報や、初心者が楽しく学べるお金の基本コラムなど、資産形成をするすべての人に向けた記事を提供します。

注目サービス

FXアプリ スマホランキング

1
GMOクリック証券
ドル円スプレッド 原則固定適用対象外
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 1,000通貨
(※南アフリカランド/円とメキシコペソ/円は10,000通貨単位)
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

最新情報を発信中

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.