為替の主な変動要因をおさえよう

為替の主な変動原因

目次

FXでは為替差益で利益を狙うのが基本

FXでは、「安く買って、高く売る」、または「高く売って、安く買い戻す」が基本となります。この為替の値動きによって得る利益を「為替差益」といいます。

1万通貨の取引で、1円の値幅を取った時の利益は1万円です。例えば、100円の時に1万通貨買って、101円の時に売れば利益1万円となります。

また、FXでは売りからでも入ることができるので、先に100円で売って、99円で買い戻して値幅を1円取っても利益1万円になります。

為替の主な変動要因をおさえよう

為替は様々な変動要因がありますが、主な変動要因を押さえておいて、

それに注目していれば値動きの見通しを立てやすくなります。

為替変動要因

為替の主な変動要因は、「金利」「経済」「リスク」「株価」の4つあります。順番に見ていきましょう。

金利

為替は極めて金利には敏感に反応します。

やはり、先進国で金利の高い通貨は人気があり、世界中から投資資金が集まるからです。

2014年に利上げを開始してニュージーランドは利上げ観測の高まっていた2013年秋から買われ始め、大幅に上昇しました。

金利

経済

やはりその国の経済情勢を無視して通貨を売買することはできません。

為替の変動要因として金利が挙げられますが、南アフリカやトルコの金利は7%以上もあり非常に高金利です。

それでも買われない理由としては、経済が不安定だからに他なりません。

経済情勢を知るには、経済指標というものを見る必要がありますが、その中でも重要なものが「雇用統計」「GDP」「インフレ」「貿易収支」などです。特に、毎月第一金曜日に発表されるアメリカの雇用統計は、経済大国である米国の雇用情勢は世界の景気を表す指標の1つとなりうるからです。

経済指標

リスク

リスクにも色々ありますが、相場において大きな変動要因になりうる事柄を「地政学的リスク」といいます。

これには、テロや戦争、財政波状や天災が該当します。

市場参加者のほとんどが、事前に予想することができない事象が突発的に発生するため、その際に大きな相場変動が発生します。

具体的には、ギリシャ危機や、ウクライナ情勢不安などが挙げられます。

こういった場合、基本的には円高になりやすいという特徴がありますので、覚えておいて損はないでしょう。

株価

株価その国の経済情勢を表す指標ともいえます。

ですから、通貨もある程度為替との相関関係があります。

日本では、基本的に株高は円安要因であり、円高は株安要因です。

どちらが先に動いたのかという議論がしばしば起こりますが、1円もドル円が下落した日に日経平均がプラスで終えたという日はほとんどありませんので、2014年現在では、やや為替の方が主導権を握っているのかもしれません。

日経平均とドルの比較

欧州の株式市場も、基本的には通貨との連動性が高いですが、米国の株式市場は、2014年現在は金融政策で株価を押し上げているという影響もあり、ドルと米国市場の連動性が強いとはいえない状況のようです。

FX取引を始めたばかりの人は、まずは為替取引の判断材料として上に挙げた4つをチェックしてみて下さいね!

みんかぶ編集室

資産運用のトレンド情報や、初心者が楽しく学べるお金の基本コラムなど、資産形成をするすべての人に向けた記事を提供します。

注目サービス

FXアプリ スマホランキング

1
GMOクリック証券
ドル円スプレッド 原則固定適用対象外
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 1,000通貨
(※南アフリカランド/円とメキシコペソ/円は10,000通貨単位)
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

最新情報を発信中

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.