レートの見方-BIDとASK

みんかぶ編集室
公開)
FXのレートの見方
ひとこと要約
  • 為替レートは売値、買値の2つのレートで表示される
  • BIDは売値、ASKは買値を表す
  • 売値と買値の差をスプレッドという

FXを始めてみようと、試しにFXの取引画面を見てみたら「BID」「ASK」という2つの価格が表示されていて、「何で価格が2つあるんだ?」と疑問に思ったことがある方はいませんか?FX取引で価格が2つ表示されるのにはちゃんとした理由があるんです。

そこで今回はFXの取引画面でも何度も目にすることになる「BID(ビッド)」と「ASK(アスク)」について説明していきたいと思います。FX取引に必要不可欠な知識なのでしっかりと押さえるようにしましょう。

目次

BIDとASKとは?

それでは早速、BIDとASKについて「米ドル/円」の為替レートを例に用いて説明していきたいと思います。まずは以下の画像をご覧ください。

FXのbidとaskとは?

結論からいうと、BIDはトレーダーが売るときの価格で、ASKは買うときの価格を表しています。つまり「トレーダー目線」からいうとBID=売値ASK=買値ということです。

この取引画面では、BIDが107円5銭、ASKが107円5.3銭となっているので、

1ドルの売値が107円5銭、1ドルの買値が107円5.3銭ということを表しています。

ここでは、「売りのBID」「買いのASK」と抑えるようにしましょう。

ここで注意しておきたいのが、BID=買値、ASK=売値と説明される場合もあるということです。先ほどの説明では「トレーダー目線だと」BID=売値、ASK=買値と説明しました。それでは、「FX会社目線」にしたらどうでしょうか。

FX会社はトレーダーが売りたいものを「買い」トレーダーが買いたいものを「売り」ますよね。そのため「FX会社目線」ではBIDは買値、ASKは売値といえるのです。

立場によるBIDとASKの違い

しかし、FX会社目線の表記がなされている場合でも混乱せずに「どちらにせよBIDが売るときの値段、ASKは買うときの値段!」と考えるようにすれば問題はありません。

もし余裕があればこの仕組みも理解するようにしましょう。

レートの見方とスプレッド

BIDとASKについての意味を理解したところで、実際の注文画面を見ながら知識を定着させていきましょう。まずは復習から、左側のレートがBIDで【売り】のレート、右側のレートがASKで【買い】のレートになります。

FX取引の注文画面の見方

この時点で買いのレートをクリックすると「ASKに表示されている価格でドルを買う」という注文が発注されます

ここで注文画面を見てみるとASKの方がBIDよりも高くなっていますよね。この差額は一体何なのでしょうか。FXでは、この売値と買値の差額を「スプレッド」といいます。もう一度画面をみてみるとBIDとASKの間に「0.3」と表示されていますよね。これが「スプレッド」になります。

なぜスプレッドが表示されているかというと、このスプレッドがFX取引の実質的なコストになるからです。なぜコストになるかは、買い注文が成立した直後に売り注文を出す場合を考えれば納得できると思います。

例えば、表示されている価格の107円5.3銭で買うと売値との差額である0.3銭マイナスからスタートすることになります。

そこですぐに1ドルを「107円5.0銭で売る」と1通貨あたり差額分の0.3銭マイナスになります。

FXのレートから見るスプレッドの例

スプレッドが0.3銭で1万通貨の取引をした場合は30円のコストが発生するということです。そのためFXにおいてスプレッドは実質的なコストとして扱われます

取引するFX口座どこに比較しようか迷っている方は「とりあえずコストの安い口座」なんて選び方でも良いでしょう!

FXスプレッドランキングはこちら

まとめ

今回はFX取引画面に表示されるBIDとASKの意味と2つの価格の差額であるスプレッドについて学ぶことができました。この記事でBIDとASKの意味をしっかりと抑えて、FX取引に挑戦してみましょう!

みんかぶ編集室

資産運用のトレンド情報や、初心者が楽しく学べるお金の基本コラムなど、資産形成をするすべての人に向けた記事を提供します。

注目サービス

FXアプリ スマホランキング

1
GMOクリック証券
ドル円スプレッド 原則固定適用対象外
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 1,000通貨
(※南アフリカランド/円とメキシコペソ/円は10,000通貨単位)
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

最新情報を発信中

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.