FXの注意点やリスク

FXの注意点やリスク

まず、FXが人気の理由をおさらいしましょう。FXは、レバレッジを効かせられて資金効率が良く、24時間取引が出来て昼間は仕事をしているサラリーマンやOLの方が取引しやすく、高金利通貨買いの取引でスワップポイントによる金利差収入も狙え、売りからも買いからも取引を始められて相場状況に応じて柔軟に取引可能、その上、手数料も無料と、メリット多数です。

では、デメリットは無いのでしょうか?

FX取引で気を付けたいデメリットについてみていきましょう。

目次

取引時間が長いハイレバレッジ取引には要注意

最大25倍までのレバレッジをかけることが可能で、少ない金額でも大きな取引収益を期待することが可能なFX。資金効率の良さはFXの大きなメリットですが、これは裏を返すと大きな損失が生じる可能性もあるということ。

FXの仕組み

どんなに市場に精通したプロでも100回の取引で100勝なんてありえません。外国為替市場は世界中の人、企業、国などが、様々な理由で取引を行う、世界最大のマーケット。そのすべての取引を把握することなどできませんし、予想もしていなかった理由で相場が動くことはいくらでもあります。自分の思っていた方向と逆に相場が動いた時にどれぐらい損失が出るのか。きちんと把握する必要があります。一回の取引でこれ以上負けたくないというポイントの前にロスカット注文を置いて、しっかりとマネージしましょう。

自分が見ていない時にも相場は動いている

見てないリスク

24時間取引が可能ということは、自分が仕事をしていたり、寝ているときにも相場が動いているということ。ポジションを持っている間中、取引画面に張り付いて相場を見ている訳にはいきません。見ていない時に大きな動きが出て、思わぬ損が出るなどということが無いように、ロスカット注文をしっかり入れて、不意な動きに備えましょう。

システムリスクに注意しよう

インターネットを通じて取引を行うことが一般的なFX。金融庁がしっかりと監督していることもあり、FX業者の取引システムのエラーで取引ができないというケースはまれになっていますが、絶対というわけではありません。また、自分が取引に利用しているPCやスマホが急に壊れて取引できないなどというケースも。

業者のリスクに関しては、複数の業者に口座を持つなどの対応が有効。自分の取引ツールの不調に関しては、PCとスマホ、どちらからでも取引ができるようにしておくことと、ロスカット注文をきちんと入れて、もし取引ができない状況で相場が動いても損失を限定しておくことが大事です。

見てないリスク

流動性リスクに注意しよう

外国為替市場は世界最大の市場で、取引量は膨大です。その為、ドル円やユーロ円、ポンド円といった主要な通貨ペアの場合、よほどのことがないと取引が出来ないまま相場が急変するというケースは起こりません。

ただ、歴史的にみると、そうしたよほどのことが起こるというケースはあります。

1992年に英中銀が破産するとまで言われたポンド危機の時のポンドの急落、1998年に当時世界最大といわれたLTCMが破産したことを受けたLTCMショックでのドルの急落などです。1998年の時はひどいときは数分で何円という単位でドル円が暴落し、一日で20円以上のドル安円高が進行しました。

最近ではスイス中銀がそれまで行っていた対ユーロでのスイスフランの無制限介入をいきなり撤廃した2015年のスイスフランショックなどもありました。この時はユーロ/スイスフランが約20分で3800PIPSもの大暴落を見せました。

こうしたケースは非常にまれですが、目を離した隙に急変するリスクも意識して、ロスカット注文を常に入れておきましょう。

流動性リスク

また、最近はFXで取引可能な通貨ペアの種類が増える傾向がありますが、例えばトルコリラ円の銀行間での取引量はドル円の約3百分の1(BIS調査2016年4月時点)でしかありません。何か起こった時に取引がほとんどないまま値動きが進むケースには要注意です。

ロスカット注文を入れておくことで、ある程度まではリスクの軽減が可能ですが、スイスフランショックの時などはロスカット注文を実行しようにも、世界中に取引がなく、想定以上の損失が出るというケースがありました。

取引量が少ない通貨を取引する際には特に注意が必要です。

まとめ

実はFXのデメリットはロスカット注文をうまく使いこなすと、かなり軽減できます。

ただ、ロスカットをうまく使いこなすことは機関投資家やインターバンクディーラーといったプロでも難しいこと。スイスフランショックのように、どうしようもないリスクもありますので、リスクをきちんと理解して取引に挑みたいところです。

みんかぶ編集室

資産運用のトレンド情報や、初心者が楽しく学べるお金の基本コラムなど、資産形成をするすべての人に向けた記事を提供します。

注目サービス

FXアプリ スマホランキング

1
GMOクリック証券
ドル円スプレッド 原則固定適用対象外
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 1,000通貨
(※南アフリカランド/円とメキシコペソ/円は10,000通貨単位)
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

最新情報を発信中

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.