FX取引にかかる手数料とは?

FX取引の手数料
ひとこと要約
  • FXの取引手数料は基本無料
  • スプレッドが実質的なコストとしてかかる
  • スプレッドは狭い方が低コストで取引ができる

みなさんはFXにかかる手数料のことをご存知でしょうか?あるところには「FXは取引手数料が無料」と書いてあったり別のところには「スプレッドが手数料になる」と書いてあったり…結局FX取引に手数料はかかるの?と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はそんな疑問を解決すべく、FX取引にかかるコストをわかりやすく紹介していきたいと思います。FX取引にかかるコストをしっかりと理解すれば無駄なコストをかけず、より効率的なFX取引が可能になります。

目次

FXの取引手数料は無料?

FXに手数料はかかるの?

最初に「FXの取引手数料は無料なのか」について説明していきます。結論から言うとほとんどのFX会社では取引手数料がかかりません。そのため、取引手数料をFX会社に支払う必要はほとんどありません。

「じゃあ、なんのコストもかからずにFX取引はできるの?」というと実はそうではないのです。それではFX会社は利益をあげることができませんからね。

FX取引では名目上の取引手数料がかからなくても、トレーダーの方は「スプレッド」に応じて実質的なコストを負担しなければいけないのです。次はこの「スプレッド」について説明します。

スプレッドとは?

「スプレッド」が実質的なコストとなると言われてもいまいちイメージが湧かないと思うので、まずはスプレッドとは何なのかを説明していきます。

FXでは買い値(ask)と売り値(bid)の差額がスプレッドになる。

FXにおけるスプレッドの定義は通貨の「買い値(ASK)」と「売り値(BID)」の差額のことです。買い値(ASK)は通貨を「買うときの価格」で反対に売り値(BID)は通貨を「売るときの価格」です。

買い手が思う「買いたい価格」売り手が思う「売りたい価格」が完全に一致することはないため、この2つの価格には価格差が生まれますこの価格差こそが「スプレッド」です

それでは具体例を用いて理解を深めていきましょう。ここでは、米ドル/円のレートを用いて説明していきます。まずは以下の取引画面を見てみましょう。

ドル円のスプレッド0.3銭

取引画面上部の「BID」「ASK」の価格の間に差額が表示されていますね。この差額こそがスプレッドです。つまり一通貨あたりこの場合では0.3銭のコストがかかるということです。例えば10000通貨購入したとしたら「10000通貨×0.3銭=30円」がコストとしてかかるわけですね。もし1000通貨の取引なら3円、1通貨なら0.3銭というように、スプレッドによるコストは「取引する通貨量×スプレッド」で求めることができます。

FX取引でスプレッドによる手数料コストの計算方法

トレーダーの方はこの実質的なコストであるスプレッドよりも大きい利益を出さないと損してしまうことになります。そうなるとスプレッドによるコストはできる限り抑えたいですよね。スプレッドが狭いほどコストで利益を圧迫されることなく取引ができます。

そのため、FXを始める際は口座開設の前にスプレッドの確認をしっかりと行うよう心がけましょう。特にスキャルピングやデイトレードなど頻繁に取引を行う方は注意が必要です。

FX取引ではスプレッドが狭いFX会社選びが重要!

スプレッドが狭い方がコストが抑えられることはわかったけど、どのFX会社がおすすめなの?と思っている方もいると思います。そこでここからはFX 主要通貨スプレッド一覧表を元におすすめのFX会社を紹介していきます。まずは以下の表をご覧ください。

主要通貨スプレッド一覧表(2022年06月05日時点)
会社名 米ドル円 ユーロ円 備考 詳細
マネーパートナーズ
マネーパートナーズ
0.0銭 0.2銭 原則固定(例外あり) 詳しくみる
トレイダーズ証券
みんなのFX
0.2銭 0.2銭 原則固定(例外あり) 詳しくみる
セントラル短資FX 0.2銭 0.4銭 原則固定(例外あり) 詳しくみる
ヒロセ通商
LIONFX
0.2銭 0.4銭 原則固定(例外あり) 詳しくみる
外為どっとコム
外貨ネクストネオ
0.2銭 0.4銭 原則固定(例外あり) 詳しくみる
DMM FX 0.2銭 0.5銭 原則固定(例外あり) 詳しくみる
外貨ex byGMO 0.2銭 0.5銭 原則固定(例外あり)
※トルコリラ円は原則固定対象外
詳しくみる
GMOクリック証券
FXネオ
0.2銭 0.5銭 原則固定(例外あり)
トルコリラ円のみ対象外
詳しくみる
インヴァスト証券
トライオートFX
0.3銭 0.5銭 原則固定(例外あり) 詳しくみる
トレイダーズ証券
LIGHTFX
0.2銭 0.4銭 原則固定(例外あり) 詳しくみる
FXブロードネット 0.2銭 0.5銭 原則固定(例外あり) 詳しくみる
FXプライムbyGMO 0.3銭 0.6銭 原則固定(例外あり) 詳しくみる
外為オンライン 1.0銭 2.0銭 原則固定(例外あり) 詳しくみる

※スプレッド調査日:2022年06月05日※スプレッドは原則固定(例外あり)となっており、市場の急変時や市場の流動性が低下している状況等に拡大する場合がございます。なお、原則固定対象外、または非公開の場合は「非公開」という表記になっています。※表示されているのはマネーパートナーズFXnanoのスプレッドです。またスプレッドは参考値となっており、キャンペーンスプレッドを含んでおります。キャンペーンの詳細は、マネーパートナーズのホームページをご確認ください。※また、FXプライムの米ドル円スプレッドは1取引当たり50万ドル以下の場合の値となります。※SBIFXのスプレッドは、1000通貨までが原則固定(例外あり)となっています。また、SBIFXでは注文数量に応じたスプレッドを適用しており、上記スプレッドは1,001~1,000,000通貨を取引する場合の基準スプレッドとなります。※GMOクリック証券の英ポンド/豪ドル、ユーロ/英ポンド、ユーロ/豪ドル、カナダドル/円、米ドル/スイスフラン、スイスフラン/円、英ポンド/スイスフラン、ユーロ/スイスフラン、トルコリラ円のスプレッドは原則固定対象外になっているのでご注意ください。※外為どっとコムはキャンペーンスプレッドを適応中です。対象期間:2022年6月6日(月)午前9時00分~2022年7月2日(土)午前3時00分、提示時間帯:対象期間中の各営業日午前9時~翌午前3時。外為どっとコムは、トルコリラ/円、米ドル/トルコリラ、ユーロ/トルコリラは原則固定スプレッドの適用対象外です。また、ロシアルーブル/円のみ現在新規注文受付停止になっているのでご留意ください。

スプレッド比較で他の通貨ペアもチェック

表から分かるように多くのFX会社で米ドル/円のスプレッドは0.3銭となっています。その他の通貨ペアを見ていくと「みんなのFX」や「外為どっとコム」、「マネーパートナーズ」などが業界きっての狭いスプレッドに設定されています。

ここで1つ解説しておきたいことがあります。表の備考欄に「原則固定(例外あり)」と記されていますよね。この原則固定とはスプレッドを原則表記されている価格に固定しますという意味です。

そこで原則固定の横に書かれている「例外あり」って何なの?と疑問に感じる方もいると思います。この「例外あり」というのは、スプレッドが開きやすい「通量が少ない時間帯」「為替レートが急激に変化するとき」などは固定スプレッドよりも広くなる可能性があるという意味です。

日本時間の朝方(早朝3時〜8時)や重要経済指標が発表されたタイミングは、スプレッドを特に注視する必要があるということを頭に入れておきましょう。

上記のことを踏まえ、自分が取引しようと考えている通貨ペアと各FX会社のスプレッドをしっかりと比較して、自分の取引スタイルに適したFX会社を選ぶようにしましょう。

まとめ

今回はFX取引にかかるコストについて説明してきました。FX取引では取引手数料はほとんどかからないけれど、スプレッドが実質的なコストとしてかかってくること、スプレッドが狭い会社だとコストを抑えやすいことがお分かりいただけたかと思います。

自分の取引したい通貨ペアのスプレッドを吟味してより効果的に利益をあげられるようにしましょう。

みんかぶ編集室

資産運用のトレンド情報や、初心者が楽しく学べるお金の基本コラムなど、資産形成をするすべての人に向けた記事を提供します。

注目サービス

FXアプリ スマホランキング

1
GMOクリック証券
ドル円スプレッド 0.2
(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 10,000通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

おすすめ記事

マガジン総合

読みだしたら止まらない! あなたの人生を豊かにする超厳選記事

連載FPがニュースを斬る!

ニュースで報道される事件・事故などをファイナンシャルプランナーが調査!

連載みんかぶ資格部

現在の収入を確実にアップさせる方法として「資格取得」を取り上げます!

連載人生100年時代の生活資金シミュレーション

老後資金の計算をする上で気になるポイントと差を検証していきます!

連載みんかぶFP相談室

みんながもっとハッピーになれるライフプランの魔法をお伝えします!

連載めざせ!理想のポートフォリオ

これから本格的に投資を始める方へ向けた「投資エッセイ」がスタート!

連載子育て30’sの『めざせ!富裕層』大作戦

子育て30’sが資産形成に奮闘する姿をドキュメンタリー形式でお伝えします!

連載2022年はリカレントが熱ちい!

雇用制度改革の必須条件である「リカレント教育」について熱く語ります!

連載FPの"気まぐれ"家計相談

相談経験が豊富なFPが、ライフプランのポイントを解説!

連載お先にライフシフト

「人生100年時代」の新しいライフスタイルをみんなで実現しましょう!

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCoについて気になる情報をお届け!

NISA・つみたてNISA

NISA(ニーサ)・つみたて(積立)NISAについて気になる情報をお届け!

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.