注文方法

みんかぶ編集室
公開)
注文方法について

FX取引の二歩目として覚えたいのが注文方法です。FX取引という行為すべては注文から始まりますので、聞きなれない言葉もあるかもしれませんが、しっかりマスターしましょう。

目次

成行注文

注文方法の基本の一つ、【成行】(なりゆき)について見てみたいと思いますが、成行注文は、「今買いたい!」「今すぐ売りたい!」という時に使える注文方法です。ストリーミング注文とも呼ばれていますが、レートを指定せずに「買い」か「売り」だけを指定して出す注文となります。

成行注文とは

指値注文

次に【指値】(さしね)注文を見てみましょう。指値注文は、値を指す注文、つまりレートを指定する注文方法のことです。買いまたは売りのどちらでも同じですが、「○○円で買います!」というのが指値注文となります。

指値注文とは

分かりやすいように例を一つ挙げてみましょう。USD/ JPY通貨が1ドル100円の時に成行注文で買い。その後レートが円安になるのを見込んで、「102円で売る」という注文を出します。この「102円で売る」というのが指値注文となります。

指値売り注文での利益確定

しかし、為替相場が自分の思うように動くとは限りません。101円70銭までは順調に円安へ動いたのですが、その後レートは逆戻り。レートは少しずつ円高方向に動いているようです。そこで、最低限の利益を確保できるように、「レートが101円に戻った時点で売り」という注文を出したとします。この注文を【逆指値】注文と言います。

逆指値注文の例

逆指値注文

逆指値注文とは

指値注文は今のレートより有利なレート(ドル円を買いたい場合、現状よりも安い値段)での注文ですが、逆指値注文は「今のレートより不利なレート(ドル円を買いたい場合、現状のレートよりも高い値段)での指値注文」のことなのです。指値注文逆指値注文の違いをしっかり頭に入れておいて下さいね。

指値と逆指値の新規注文
指値と逆指値の決済注文

また、指値・逆指値注文をしたからといって、指定レートで必ず約定するとは限りません。nバーの性能が関係しているのですが、簡単に言うとFX会社によって約定力が違います。ですから、100.120円で指値注文しても100.110円で約定することもあるんです。この注文価格と約定価格の差を「スリッページ」と言います

FX各社約定力が違う点、どのFX会社でもスリッページは起こり得ること、覚えておいて下さい。

FX取引でのスリッページとは

OCO注文

先ずはOCO注文からです。実際の取引でどのように使えるか見ていきますよ。

OCO注文による決済

米ドル/円レートが100円です。でも、もう少し下がってから買いたいという思いと、トレンドが発生した後に買いたいという二つの想いがあるとしましょう。そんな時にOCO注文を活用することができます。指値注文を99円、逆指値注文を101円で発注すれば、二つの想いを乗せたOCO注文が出来上がります。

OCO注文による新規注文

このケースで、99円の指値注文は「逆張り注文」とも言います。逆張りとは、将来的に上がるのを見越して買う注文、又はその逆で、将来的に下がるのを見越して売る注文を言います。

また、101円での買い注文は「順張り注文」と呼ばれていて、トレンドに乗った売買を指しています。上向きトレンドで買い、下向きトレンドで売り。この順張り注文はFX初心者が最初にマスターすべき注文ですので、しっかり自分のものにして下さいね。

IFD注文

IFD注文の活用方法ですが、あまり取引画面を見る暇がない人にとても向いている注文方法なんですよ。IFD注文は新規の指値注文と決済注文の2つを同時に発注できる注文ですが、例えば米ドル/円レートが100円の時に買って(指値注文)、101円になったら売る(決済注文)というように注文できます。

IFD(イフダン)注文とは

成行注文でポジションを取った場合には、指値注文で利益確定ポイントを、逆指値注文で損切り注文を出すという使い方もできます。

実は、デイトレーダーの中にはこの使用方法をする方が非常に多くいます。

ポジションをとるのはタイミングを見計らって、1,2銭のずれもタイミングを見るけど、後は自動注文に任せて、刻一刻と動く利益、もしくは損失で心変わりをしないようにするように考える人もいるようですね。

取引画面を見ていなくても、指定のレートに達すると新規・決済注文をしておいてくれるので、いつのまにか利益が増えた~ということもあるんですよ。忙しい方にはとても便利な注文方法ですから、しっかりマスターして下さい。

みんかぶ編集室

資産運用のトレンド情報や、初心者が楽しく学べるお金の基本コラムなど、資産形成をするすべての人に向けた記事を提供します。

注目サービス

FXアプリ スマホランキング

1
GMOクリック証券
ドル円スプレッド 原則固定適用対象外
豪ドル円スワップ 2
最小取引単位 1,000通貨
(※南アフリカランド/円とメキシコペソ/円は10,000通貨単位)
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細

最新情報を発信中

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.