この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

「慶應生なのに就活全滅w」怠惰の街”日吉”に4年を捧げた塾生…新横浜線開通でよぎる「地元地銀に凱旋入行」の逃げ 連載タワマン文学「TOKYO探訪」12話

窓際三等兵 連載タワマン文学「TOKYO探訪」

 3月18日、東急・相鉄新横浜線が開通した。これにより菊名駅での煩わしい乗り換えがなくなり、東横線ユーザーの東海道新幹線・新横浜駅へのアクセスが向上した。また慶應大の日吉キャンパス、三田キャンパス、湘南藤沢キャンパス(湘南台)が “つながった” などと同大関係者を喜ばせている。そんな中で、“地元が近づいた” と感じる人もいるようだ。窓際三等兵氏の連載タワマン文学「TOKYO探訪」の第12話の舞台は日吉。新幹線が近くなった街に住む “お上り慶應生” は本当に東京の人間になれたのか――。

駅前のミスドで勉強し、牛繁でテストの打ち上げ

 12時48分、新横浜駅発、のぞみ33号。これから故郷に帰る。荷物を運び出した家賃7万4000円の日吉のアパートは、がらんとしていて4年前と変わらない。「綺麗に使ってくれて助かるわ」と嬉しそうに話す不動産会社のオバチャンに鍵を渡しながら、込み上げてくるものをこらえる。これから、故郷に帰る。

 広い世界を見たかった。高3の冬、地元の国立大を勧める高校教師に反抗し、「就職で地元に帰るから」と親に泣きつき、ようやく掴んだ東京行きの切符。新幹線の中で胸の高鳴りが止まらなかった。新入生と保護者で真っ黒に染まった日吉キャンパスの銀杏並木を登りながら、これからの4年間に思いを馳(は)せていた。

 一年生。世界のすべてが輝いていた。新歓コンパをはしごして、駅前のミスドで試験勉強して、クラ友と牛繁でテストの打ち上げをして。気がつけば煙草も吸うようになり、夜を徹して雀荘で牌(ぱい)を切った。東京の濁った空気を身体に取り込んで満喫する、怠惰で不摂生な生活。新聞配達のカブの排気音を聞きながら眠った。

どこまでも塾生に優しい学園都市・日吉

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題
この記事の著者
窓際三等兵

ネットの海を全裸でたゆたう限界生命体。sometimes party gal. 東京における「勝ち組」の象徴であるタワマンに住む人々の生態を面白おかしくTwitterで投稿したタワマン文学が35年ローンや子供の教育で鬱屈した人々にバズり、味をしめて飽きもせずに文章を書いてはネットの海に放流している

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.