この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

留学経験がない成田修造の最強”1人妄想”英語学習術…「多くの日本人は日本語ですら議論ができない」海外MBAに行っても英語ができるようになるわけではない

 天才と名高いイェール大学助教の成田悠輔氏の弟にして、自身も株式会社クラウドワークスを副社長として上場までリードしていった経歴のある成田修造氏は、「英語学習の前に、多くの日本人は日本語ですら議論ができない」と指摘するーー。みんかぶプレミアム特集「最速・最強 英語術」第7回。

目次

留学経験がなくても、自主学習だけで海外の人と仕事ができるレベルにまで英語力を高めることは可能

 今の日本においては、まだほとんどのケースで仕事において英語がなくてもなんとかなりますが、英語ができることによって仕事の幅が広がることは事実です。

 これからインバウンドも増えてくる中で、サービス産業でも需要が増えますし、日本人の人材不足という背景もあって海外からくる労働者を受け入れる企業も増えるでしょう。

 そこで「留学して英語を勉強しなければ」と思う方もいるかもしれませんが、「日本企業で英語ができる人」レベルになるのは、国内だけで学習していても十分可能です。一方で、海外の現地で海外企業に所属して勝負できる水準になる、というのは、留学などしないと難しいかもしれません。さらにその場合、英語以外にも突出したスキル(金融、プログラミングなど)がないと厳しいかな、と思います。

 私は留学経験はありませんが、国内で勉強しているだけで英語をビジネスレベルまで使えるようになりました。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題

    この記事はいかがでしたか?
    感想を一言!

この記事の著者
成田修造

起業家。慶應義塾大学経済学部在学中よりアスタミューゼ株式会社に正社員として参画。その後、株式会社アトコレを設立し、代表取締役社長に就任。2012年より株式会社クラウドワークスに参画、執行役員に就任。2014年8月、同取締役に就任後、2015年4月に同取締役副社長COOに就任。2020年10月より同取締役 兼 CINOに就任。2022年12月に取締役を退任。2023年2月に一般社団法人ジェネレーティブAI協会GAIAの代表理事に就任。株式会社リンクウェルと株式会社ビビットガーデンの社外取締役。著書『逆張り思考 戦わずに圧倒的に勝つ人生戦略』(KADOKAWA)

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.