この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

クマとの”フレンチキス”は生涯で一番臭かった…「クマを殺すな」という全国のクレーマーに「猛獣クマは殺すしかない」決定的証言

 2023年も全国各地でクマの被害が話題になった。しかし、「クマを殺すな」という一部の国民の声も聞こえてくる。作家の小倉健一氏は「海外では『クマを殺すな』とクレームを入れる人は少ないようだ」とレポートするーー。

目次

クマ被害が海外メディアでも話題に

 日本を悩ませる「クマ」被害の増大は、海外メディアでも報じられるようになっている。

 米大手メディア「CNN」では、2023年12月8日「日本における熊の襲撃は過去最高を記録している。気候変動と高齢化が問題を悪化」として、9月に岩手県岩泉町でクマに襲われた事件を詳細に報じている。この事件は、キノコ採取やペット用品販売などを営む佐藤誠志氏が、キノコを採集中にクマに襲われ、大声を出し棒を振り回して退散させた模様を自身が運営するYouTubeチャンネル「原生林の熊」で配信したことで有名になった。

 他にもシンガポール最大の新聞「ザ・ストレーツ・タイムズ」(2023年11月28日)が、「日本では冬眠しないクマもいる可能性、相次ぐ襲撃事件で野生動物専門家が指摘」と題して、こちらも詳細に報じられている。

 こうした日本のメディアではない、独自取材によって世界中の様々なメディアが日本のクマ被害を報じているのを考えると、いかに今年のクマ被害が世界的な関心事項になっているかがわかる。

北海道では、ヒグマとどのように共生しているのか

 世界中がクマ被害を報じる中、日本のメディアの関心は、どうやってクマと共生していくかに焦点が置かれつつある。さまざまなバックボーンの有識者たちにクマ被害を防ぎ、共生する方法を取材し、掲載しているのだ。いくつか紹介してみよう。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.