この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

【独自】「彼氏にしたい男性の企業ランキング」50社を大公開!グーグル、三菱商事をおさえた1位は!…男性に求める「年収以外の何か」とは

 2024年2月、みんかぶマガジンは全国の20〜30代女性を対象に「彼氏にしたい男性の企業ランキング」調査を独自に実施した。

 「ランクインした上位50社を見ると、恋活・婚活女子の意識の変化がよく現れている」とライターのトイアンナ氏は語る。

 彼氏にしたい男性の企業上位50社のランキングと、女性が相手男性の企業について大事にしたい指標9つのランキングについて記事内で大公開するーー。みんかぶプレミアム特集「一生使えるモテ理論」第1回。

目次

CMに最も出場するもランク外の「あの企業」

 2024年2月、みんかぶマガジンは「彼氏にしたい男性の企業ランキング」調査を実施した。ポリティカル・コレクトネスが叫ばれる昨今、こういったランキングを取ること自体がリスキーとされるなか、あえての決断であったと聞く。

 全国調査であるから、当然「誰もが知っている企業」が選ばれやすいのは当然である。だが、その視点でとらえてもかなり意外なランキングとなっていた。

 日本でテレビCMに最も出稿しているのは、サントリーと小林製薬、次いでアサヒビールである。知名度で順当に考えるなら、最も目にするこれらの企業が出てきてもおかしくないだろう。しかし、この3社のなかで、トップ50位までに登場するのはサントリーだけである。

 このサントリーについては、投票した女性が「飲料メーカーの中で最も信頼できて、好きな会社だから。そこで働いている人達も誠実で信頼できる」と、企業のブランドに引っ張られた感想が見られる。実は、サントリーがこの3社でもっともブランドコンセプトCM(商品ではなく、会社そのもののイメージをよくする目的で作られたCM)を出しており、企業イメージがそのまま社員イメージに伝わったと推測される。

女性が男性の勤め先に求めるもの1位は変わらず「年収」だが

 その他の企業を見ても、単によく知られている会社、年収が高い会社というだけではなく、スタイリッシュなイメージが伴った会社がランクインする傾向にあった。同時に調査した「女性が男性の勤め先企業に求めるもの」は年収がトップだが、単にそれだけではなく、ブランドイメージが重要視されているとわかる。

 たとえば、野村證券を選んだ女性のコメントには、「ホワイトで有名」とある。ホワイトで、有名……? と、思わず画面の前で固まってしまったのは、筆者だけではないはずだ。

 野村證券の名誉のために付記すると、野村證券といえば、長らく激務高給で知られている企業である。書籍『野村證券第2事業法人部』で語られたように、熱意にあふれる社風と、それに見合う成果や給与が出る、というのがよく知られていることである。おそらくこの社風は、熱血、コミットした結果を出す、といった言葉にはなっても「ホワイト」とは少なくとも違うのではないか……。

「周りに自慢でき、家事も育児もしてくれる、年収が高い人」と付き合いたい?

 という心配をよそに、他社でも似たようなコメントが目立つ。ランクインしたキーエンスも「ホワイト企業として有名だし、収入も高いから」といった理由で選ばれており、これまた疑問符を抱く方がいるだろう。キーエンスといえば「30代で家が建ち、40代で墓が建つ」とうたわれるほど、強烈な働きぶりとセットになった高給のイメージが、長く定着していたが、このように女性の残すコメントと、実際に知られる社風がチグハグなケースが多く見られるのだ。

 かつて、こういった「彼氏にしたい男性の企業ランキング」では「忙しい方が家で顔を合わせなくて済むから助かる」という、なんとも寂しい理由で激務企業が選ばれてきた。しかし、最近は「家事・育児も平等に分担したうえでの共働き」が一般的な家庭像になっていることもあり、ホワイト企業の男性が好かれる傾向にある。

 このランキングでも、男性の勤め先に求めるもの2位はワーク・ライフ・バランスという結果だ。だが、選ばれている企業の半数程度は、おおよそ家庭に時間を割けるような企業ではない。中には、「ワーク・ライフ・バランスが大事」と答えていながら、彼氏の勤め先にしたい企業に激務で有名な外資系投資銀行を挙げる者までおり、条件と社名のギャップにおののいてしまった。

 ここで巧妙に絡むのが、「彼氏の勤め先に求めるもの」の3位に入っていた、「会社名」である。つまり、単に給与がよく、早く帰れる会社ではだめなのだ。ランキングのコメントでも、「自慢できそうだから」といった言葉がちらほら入っており、周りからどう見られるかを意識して勤め先が選ばれたことがわかる。すなわち、年収や家事・育児への参与で実利も得たいが、周りにも「ええっ! 彼氏さんの勤め先、すごい会社じゃん」と言われたいのである。いっそ年収だけを求めてくれたほうが清々しいほど、ワガママな結果だ。

 実はこの「全部取り」な傾向、男女ともに似てきている。かつて、男性は女性へ年収や学歴を求めない傾向にあった。だが、現在は年収、外見、学歴、職業、家事育児への姿勢など「全部取り」を求める傾向にある。男女ともに、相手へ完成品を求めているのだ。

 だが、条件をすべて満たす勤め先は存在しない。だから、こうしてランキング化すると、激務企業がランクインするのに、相手へ求める条件はワーク・ライフ・バランスと、チグハグな結果になってしまうのである。いまや、男性へ高収入・高学歴・高身長の「三高」を求める時代は終わり、「全部」になっているが、この条件を飲める男性はほとんどいないであろう。

絶対に無料記事では言えないーランキングに見る、ある傾向

 さて、ここからは実際のランキングを見てみよう。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.