この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

古参会員「池田名誉会長の提言はご家族との話し合いなどで決めていると…」しかし「まだちゃんと生きている」

小川寛大
公開)

 支持率低迷が続く岸田政権。だが、ここにきて、これまでの政策を転換するかのように岸田氏への同調姿勢を明確にしはじめたのが連立パートナーの公明党だ。宗教への風当たりが強まる中、いったい、この党はどこへ向かおうというのか。死亡説も流れる創始者・池田大作氏の現状は。外部からは見にくい政権与党の内情を、雑誌『宗教問題』編集長・小川寛大氏が伝える。

「まだ生きていたのか?」‥突如、発表された池田大作「ウクライナ危機」への提言

 年明け早々の1月11日、創価学会名誉会長の池田大作が、「ウクライナ危機と核問題に関する緊急提言」なるものを発した。ネット上などでは「生きていたのか」などと冷やかす声も散見されたが、昔から池田は、折々の時事問題などにからんでこうした「提言」をいろいろと出してきた人物で、今回の提言発表も、特に驚くようなことではない。

 もちろん池田は2010年以降、高齢などを理由に公の場に姿を現さなくなっており、今ではその肉声が伝えられることもない。一部メディアからは、しばしば「死亡説」が浮上することもあるような状況だ。ただ池田には周知のように、『新・人間革命』全31巻をはじめとする膨大な著作がある。常識的に考えて、1人の人間によって書けるような量ではなく、池田が発表する文章というのは大抵が(彼が元気だった時代から)「大作の代作だ」などと揶揄されてきた経緯がある。

 特に池田が公の場から姿を消して以降のこうした「提言」類は、その実、観念的な平和主義を唱える、何の具体的な中身もないものが多くなっており、ますます世間一般からは相手にされなくなっているのが実状だ。実際、今回池田が発したウクライナ問題に対する提言も、「国連による関係国会合を開催し停戦合意の早期実現を!」などという、それができれば苦労はない空想論でしかなく、現実のウクライナ情勢に何らかの影響を与えうる可能性はゼロに等しい。

「武田信玄の時代じゃない」‥創価学会幹部に聞く「池田大作死亡説」の真相とは

 さて実際のところ、池田大作は生きているのか。創価学会の幹部層にこの疑問を正面からぶつけると、彼らは皆、判で押したように「お元気です」と繰り返す。また、現実的な話として死亡診断書の偽造は明確な違法行為であり、刑事罰にも問われる。

プレミアム会員になると続きを読めます
30日間無料で試してみる
通常 990円 / 月(税込)

すでに会員の方はログイン

このカテゴリーの最新記事

人気の著者

最新情報を発信中

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.