この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

偉業達成の大谷翔平はなぜ米国民にこれほど愛されるのか…ママを熱狂させ、27億円の広告が動く野球以上の「何か」

「天使のお告げを受けていた」ヤクルトの幸運

 今から5年前の2017年、大谷翔平選手がエンゼルスに移籍するというニュースが全米で報じられた時、私の周囲では「オータニって誰?」という空気が流れていました。二刀流への挑戦も懐疑的な声が大きかったですし、「また新しい日本人選手がアメリカに来たのね……」というのが率直な私の感想でした。

 私は米国カリフォルニア州ロサンゼルスに住んでもう20年になりますが、ロサンゼルスっ子にとって野球チームといえばやっぱり「ドジャース」。当時、アメリカ生まれの2人の息子と夫に「エンゼルスの試合に行かない?」と聞いたところ3人とも「ドジャースの試合なら行きたいけど……」とつれない感じ。これが5年前の大谷選手とエンゼルスに対する巷のイメージでした。

 そもそもなぜ、私が家族をエンゼルスの試合に誘ったかといえば、当時球場で流れていたヤクルトのCMを弊社(広告代理店)で制作していたからです。結局会社のスタッフを連れて球場に行きましたが、チケットは試合数日前でも簡単に買えたのを覚えています。

 ちなみに弊社がお手伝いしていたヤクルトは、エンゼルスの球場のすぐ近くに米国工場を建てたため、大谷選手がくる前からスポンサーをしていました。その後、大谷選手の大活躍によりスポンサー費は高騰したわけで、ヤクルトは「天使のお告げ」でも受けていたかのような幸運を手に入れたのです。

ポルシェもベタぼれ…MLBで断トツの広告スポンサー収入

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題
この記事の著者
岩瀬昌美

ロサンジェルスで日本企業の海外進出のサポートを行うマルチカルチュラル広告代理店「MIW Marketing and Consulting Group, Inc」 CEO/PRESIDENT。今年で創業20周年を迎える。在米30年。名古屋出身。カリフォルニア大学サンディエゴ校で学芸修士、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で経営学修士を取得。2017年 できるアメリカ人11の「仕事の習慣」 日経プレミアシリーズ 日本経済新聞出版社より出版。 2019年Shoku-Iku USA (非営利団体)設立。2012年より米国にて子ども向けクッキングクラスや記事の執筆で食育プロジェクトを推進。

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.