この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

フランス哲学者「肉食は反倫理的行為だ」…菜食料理の有無を聞くだけで逆ギレされる日本への苦言

ベジタリアン・ヴィーガンが抱く、生命を食することに対する根本的嫌悪感

 なにかきっかけがあったのだとは思うが、かいもくわからない。物心ついてから私は肉や魚(貝や甲殻類も含む)が食べられない。

 もちろん幼少時、私は「ベジタリアン」や「菜食主義者」などという言葉を知る由もない。ただ子供心ながらに、「生物」をざっくり「植物」と「動物」にわけると、自分が食べられないものは後者であるということ、ただし後者が殺されることなく産出するもの、つまり乳や卵は(好んで摂取はしないが)とりあえず食べられるということ、この二つを反省的に知った。

 どうして食べられないのかというと、かわいそうだ、というよりむしろ「死体」だという観念が先にたってしまい気持ち悪くて口に入れられない。目の前にある肉や魚が、もともとは骨や肉や血や内臓を備えて動き回っていたもので、それを自分の体内に入れると考えると、それだけでおぞましくて吐き気がする。

 そんなわけだから、小学校で私は給食を取るのを拒否した。給食費を支払わないで、野菜だけの弁当をもっていくことにしたのだ。「アレルギー」という言い訳すら認められない時代に、当然、「食の多様性」が考慮されるはずもない。担任の教師には嫌味を何度も言われ、クラスの他の生徒たちからは異端視された。しかしそんなことが私を「雑食」へ向かわせるインセンティヴになるほど、肉や魚を食することに対する私の生理的嫌悪感は軽くはなかった。それどころか反対に、この経験が、食という人間のもっとも基本的な生理的志向(原文ママ)をまでも徹底的に管理する「学校教育」という制度に対する決定的な不信感を私に植え付けた。私は小学生にしてすでにまじめに学校へ行かなくなった。

 中学生くらいになると、私のような食の志向性をもつ人間が「ベジタリアン」や「菜食主義者」と呼ばれることを知った。

フランスではベジタリアン・ヴィーガンの存在はいたって普通。社会に浸透している

 このような私の食の志向性は現在にいたるまで変わっていない。したがって、生活するのは楽ではない。外食するときは、ベジタリアン仕様の品があるかどうか、なければ特別に作れるかどうか問い合わせなければならない。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.