この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

サッカーは弱いが、世界が土下座するカタール経済…今後10年経済成長を続ける王国に投資せよ

史上初「開催国の3連敗」でも経済はすごい

 サッカーワールドカップの開催国であるカタール。開催国としては史上初の3連敗、勝ち点なしで敗退してしまった。カタール代表は、2019年にアジアカップで優勝。開催国として巨額を投じてスタジアムを建設し、チーム強化も図ってきたが、残念な結果となった。中東の国が開催国となるのは、ワールドカップの歴史でも初めてで、国内の期待も高かっただけに意気消沈する国民も多いだろう。

 しかし、カタール経済の堅調さは、揺るぎないものだ。今後10年は経済成長が続くと考える人もいる。今回は、サッカーや人権報道が先行する中で見過ごされているカタール経済、投資について見ていこう。

 カタールは、ペルシャ湾に面した半島の小国だ。面積は、日本の秋田県ほどしかなく、しかも国土の大半は砂漠だ。人口も290万人しかいない。夏の平均気温が40度を上回ることから、今回のワールドカップは、6月でなく11〜12月の開催となった。とにかく暑く、人が住むのは大変な地域なのだが、豊富な天然ガス、石油という資源に恵まれて、この30年、すさまじい経済発展を遂げてきた。天然ガス、石油の生産は第二次世界大戦後に始まった。特に天然ガスは世界シェアの13.1%(石油は1.5%)を占めている。確認されている天然ガスの埋蔵量で、あと144年間は生産が可能だ。国民一人あたりのGDP(国内総生産)は、約6万2千ドルで世界8位(日本は27位)だ。

 エネルギー資源によって、国庫も潤っていて、電気や水道代、教育費や医療費はすべて無料になっている。カタールの最大の輸出相手国は日本で、輸出総額の15%を占めている。

ウクライナ侵攻以降、各国が石油・ガス欲しさに ”土下座”

プレミアム会員になると続きを読めます
30日間無料で試してみる
通常 990円 / 月(税込)
みんかぶプレミアムとは

すでに会員の方はログイン

小倉健一

1979年生まれ。京都大学経済学部卒業。国会議員秘書を経てプレジデント社へ入社、プレジデント編集部配属。経済誌としては当時最年少でプレジデント編集長就任(2020年1月)。2021年7月に独立。現在に至る。 Twitter :@ogurapunk、CONTACT : https://k-ogura.jp/contact/

このカテゴリーの最新記事

人気の著者

最新情報を発信中

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.