この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

稲盛和夫「人生成功の方程式」このとんでもない猛暑の苦しみが、一流と二流を分ける

観測史上最速の梅雨明け、東京都心で連続猛暑日を記録、各地での史上最高気温更新・・・。

うだるような暑さに気力と体力を奪われ、夏期休暇を前にすっかりやる気を削がれてしまっている人も少なくないだろう。コロナ禍で我慢してきた旅行やレジャーへのカウントダウンを頼りに、自らを奮い立たせようとするサラリーマン諸兄の姿が思い浮かぶ。こんな時、人々の「栄養剤」となるのはいつの世も、偉人たちの言葉だ。大成功の陰に隠された失敗から学び、心身ともに豊かな人生を歩む成功者のメッセージは胸に響く。今回のテーマは、超一流に学ぶ「くじけない働き方」だ。

コロナの前後でサラリーマンのメンタルはどう変わったか?

2020年初めから世界に広がった新型コロナウイルス。感染拡大を機に急増したのは、テレワークである。満員電車に揺られ、ヘトヘトになりながら出社と帰宅を繰り返したサラリーマンの働き方は、「未知のウイルス」によって一変することになった。

2年半たった今でも、夏にかけての感染再拡大をにらみ、在宅勤務を引き続き推奨する企業も多い。東京商工リサーチの調査によれば、2020年4月に緊急事態宣言が発令される直前のテレワーク実施率は17.6%だったものの、約2カ月後には56.4%に上昇した。東京都内の実施率は2022年3月でも62.5%と高い。

各種調査によると、在宅勤務を経験した従業員の満足度は高いものの、それと並行するように増加したのがメンタルヘルス不調だ。「テレワークでは上司や部下とのコミュニケーションが取りづらい」「仕事と家庭の垣根がなくなり、ストレスを強く感じるようになった」などの相談が相次ぐ。中には「自分が働くことの意味がわからなくなってきた」との声も寄せられる。

コロナ前でも、ストレスフルな生活に悩む人は多く、厚生労働省の労働安全衛生調査(2018年)によれば、仕事や職業生活に強い不安や悩み、ストレスがあると回答した人は58.0%に上っていた。過度なストレスを抱え、メンタル不調を抱える人は増加傾向で、就職後3年以内に退職する新入社員は大卒者で約3割、高卒者では4割近くに達していたというのが実情だった。

ストレスから解放されたと思ったら、新たな悩みが‥

翻って現在。汗だくになった通勤ラッシュから解放され、慌ただしかった日々が嘘のように感じる在宅勤務。自宅での時間は増え、職場でのストレスから解放された、はずだった。だが、その反面、こうした「凪」状態に改めて人生を振り返るという人が増えているという。時間に余裕ができた副作用といえるのだろうか、スマホを片手にSNSや動画配信サービスを利用しながら、出世の階段をのぼる同僚や、起業から「FIRE」を達成した友人の動向が気になり、ジェラシーを感じてしまう、という声も聞かれる。

「自分だけがブラックな環境で働いているのではないか」「いっそ、転職でもしようかな」「そもそもなぜ、俺はこんなところで働いているんだ」。職場の密な人間関係に時間と心を縛られていた頃には考える余裕がなかった、こんな自答をつい、繰り返してしまう、という人も増えているようだ。

なぜ人は働くのか―。この根本的な問いに説き明かしてくれるのは、京セラ創業者で「経営の神様」と呼ばれる稲盛和夫氏である。NTTドコモやソフトバンクとともに「3大携帯キャリア」の一角を占めるKDDIを創業し、80歳を前に政府の要請で日本航空に会長として乗り込んだ稲盛氏は、経営破綻したJALを再建に導いた「超一流」として知られる。経営哲学やリーダーシップの本質を数々の著書で披露しており、説得力のある言葉の一つひとつはいずれも、今を生きるサラリーマンに刺さるものだ。

才能よりも情熱が重要‥君は経営の神様の言葉を信じるか?

では「人はなぜ働くのか」という質問に、稲盛氏はどのように答えるのだろうか。それは「神様」が著した『生き方』(サンマーク出版)に詰まっている。

『一般によく見受けられる考え方は、労働とは生活するための糧、報酬を得るための手段であり、なるべく労働時間は短く給料は多くもらい、あとは自分の趣味や余暇に生きる。それが豊かな人生だというものです。そのような人生観をもっている人のなかには、労働をあたかも必要悪のように訴える人もいます。しかし働くということは人間にとって、もっと深遠かつ崇高で、大きな価値と意味をもった行為です。労働には、欲望に打ち勝ち、心を磨き、人間性をつくっていくという効果がある。単に生きる糧を得るという目的だけではなく、そのような副次的な機能があるのです』

たしかに社会生活を送る人間は、労働によって対価を得ること自体が目的になりがちだ。米国の心理学者であるアブラハム・マズロー氏は、人間の欲求を①生理的欲求②安全の欲求③社会的欲求④承認の欲求⑤自己実現欲求―と5段階で説明したが、稲盛氏の言葉はそこに「副次的な機能」をもたせる。労働は単に経済的価値のみならず、人間の価値を高めるものであると喝破しているのだ。

稲盛氏は若者へのメッセージも忘れない。著書『成功への情熱―PASSION―』(PHP文庫)では、このように説いている。

プレミアム会員になると続きを読めます
30日間無料で試してみる
通常 990円 / 月(税込)
みんかぶプレミアムとは

すでに会員の方はログイン

佐藤健太

ライフプランのFP相談サービス『マネーセージ』(https://moneysage.jp)執行役員(CMO)。心理カウンセラー・デジタル×教育アナリスト。社会問題から政治・経済まで幅広いテーマでソーシャルリスニングも用いた分析を行い、各種コンサルティングも担う。様々なメディアでコラムニストとしても活躍している

このカテゴリーの最新記事

おすすめ記事

マガジン総合

読みだしたら止まらない! あなたの人生を豊かにする超厳選記事

この会社のマルは何?

注目企業をピックアップして、ミンカブ独自の視点で徹底解剖します!

連載FPがニュースを斬る!

ニュースで報道される事件・事故などをファイナンシャルプランナーが調査!

連載みんかぶ資格部

現在の収入を確実にアップさせる方法として「資格取得」を取り上げます!

連載人生100年時代の生活資金シミュレーション

老後資金の計算をする上で気になるポイントと差を検証していきます!

連載みんかぶFP相談室

みんながもっとハッピーになれるライフプランの魔法をお伝えします!

連載めざせ!理想のポートフォリオ

これから本格的に投資を始める方へ向けた「投資エッセイ」がスタート!

連載子育て30’sの『めざせ!富裕層』大作戦

子育て30’sが資産形成に奮闘する姿をドキュメンタリー形式でお伝えします!

連載2022年はリカレントが熱ちい!

雇用制度改革の必須条件である「リカレント教育」について熱く語ります!

連載FPの"気まぐれ"家計相談

相談経験が豊富なFPが、ライフプランのポイントを解説!

連載お先にライフシフト

「人生100年時代」の新しいライフスタイルをみんなで実現しましょう!

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCoについて気になる情報をお届け!

NISA・つみたてNISA

NISA(ニーサ)・つみたて(積立)NISAについて気になる情報をお届け!

最新情報を発信中

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.