「銃撃された安倍晋三は偽物だった」「真犯人は別にいる」…なぜ、トンチキ陰謀論に人はまんまとはまるのか

政党関係者や言論人までもが「真犯人」探し

 世界中に衝撃が走った安倍晋三元総理の銃殺事件から2カ月が過ぎた。27日には、賛否が分かれた国葬も執り行われた。故人への追悼よりも政治と宗教の関係を始めとする様々な問題が根深く残ってしまいそうだ。そんな中、今後ずっと消えずに語られそうなものの一つが、銃撃をめぐる「陰謀論」である。

 近年のSNS上には、確定的事実とは異なる「隠された真実」を断片的な情報から求め、一般的に知られていない、想像にすぎないことを断定する局地的ブームが起こっている。コロナ禍の鬱屈(うっくつ)もあってか、不確かな情報がより飛び交うようになり、今回の安倍氏銃撃事件でも数多くのまことしやかな “真実” がささやかれた。

 筆者はTwitter上で情報収集用アカウントを持ち、陰謀論などを日常的に発信するアカウントを2000以上フォローしている。安倍氏銃撃に関するトンデモ説はこれまで飽きるほど目にしてきた。

 その中でも、まずは比較的軽めの説から一つ紹介したい。「犯人が別にいるのでは」という主張だ。事件の映像では、山上徹也容疑者の発砲と安倍氏が倒れた様子がはっきり映し出されていたが、この動画を独自にコマ送りにして銃声と速度を分析し、「山上の銃では無理」と結論付けたり、「病院や警察発表と銃弾の入射角度に矛盾が」などと推論したりする大型アカウントが複数あった。

 この説が、ネット民の間だけではなく、国政政党関係者や保守系言論人の間でも取り上げられ、真剣に語られてしまったのだ。「根拠が薄い」「陰謀論」との指摘を受けると、そうした知識人は「仮説や検証することさえダメなのか」と開き直ったり余計に意固地になったりするから、割と始末が悪かった。

 山上容疑者が恨みを募らせた旧統一教会の問題から、目を反らしたい思惑が透けて見えなくもない。しかし「真犯人が別にいる」と考えてしまう原因としてより大きいのは、首相経験者が演説中に射殺された白昼の惨事映像を目の当たりにして、現実を受け止めきれなかったことによる認知の歪みではないだろうか。そうでなければ、最初から情報を精査できず垂れ流すタイプの残念な人だったということだ。

 この「真犯人は別に」説を突き詰めれば、山上容疑者が発砲したのと全く同時に、誰も認識できない別の場所から、正確無比に撃ち抜いた者がいることになる。何をどう検証し、誰が捜査すればそんなゴルゴ13のような狙撃手を逮捕できるのか。警備の不手際も「もっと詳しく調べる必要があるのでは」との疑念に拍車をかけているようだが、現場を知らない者の想像に付き合うにも限度がある。「絶対ないとは言い切れない」などと、想像力がある限り無限に続くのが陰謀論の真骨頂だ。

「反ワクチン」「ロシア擁護」支持者と重なる構図

 BuzzFeed Japanによる8月19日のファクトチェック記事で、「ビル屋上にスナイパー小屋があった」とするネット上の怪情報が取り上げられた。当然ながら事実誤認で、ビル側も法的措置を検討していることが明らかになった。この説の拡散に加担したタレントのほんこん氏が謝罪する事態にもなっている。

 ただ、そのように非を素直に認めるケースは極めて珍しい。今もSNS上では多くの支持者を抱えながらデマ拡散に勤しんでいる人物が多数いて、そうした層はほぼ例外なく反ワクチン思想や、ウクライナ侵攻でロシアを擁護する投稿を拡散していることが分析され始めている。つまり、世間一般とは逆張りした過激な説を流すことを善としている連中だ。

 それによって承認欲求を満たしたり、セミナーや商品に誘導して収入を得ていたりする「陰謀論インフルエンサー」の中には、数万フォロワーという多大な影響力を持った者もいる。そうした界隈がいまのデマ拡散の源流だ。

 今回の事件をいつまでも「不可解なもの」にし続けたい者もいるだろう。YouTubeなどの動画配信は、再生数が収益になるから「真犯人!?」「衝撃の事実が発覚!」などのセンセーショナルな見出しで、サムネイルに派手な色を付ければ、それだけで人は集まってくる。

 数字至上主義で、中身や信ぴょう性を軽視する風潮は、炎上狙いで人気を得るような専業YouTuberだけに留まらない。多くの人が自ら情報発信できる時代になった弊害でもあり、表現の自由との兼ね合いもあるのか、プラットフォーム側の対処が追い付いていないと感じることばかりだ。

「死んだのは影武者」…荒唐無稽な話が生み出される背景

 今回の事件で、そんな陰謀論界隈で繰り広げられた荒唐無稽な説の代表格は、「安倍氏は2年前に亡くなっていて銃撃されたのは偽者」というもの。元々、政治家や有名人に「影武者」の話はつきまとう。最近は「ゴムマスクを被ってなりすましている」が、この界隈での常識になっていて、対象が著名であればあるほど言いたい放題になる。

 安倍氏の影武者説を強固にした出来事があった。2年前の自民党総裁選(菅氏勝利)を受けたワイドショーに、元オリンピック・パラリンピック担当大臣の桜田義孝議員が出演。「(安倍さんが)急に辞められて」と話すところを「亡くなられて」と言い間違えた。そのシーンを切り取った動画が、前述のような「陰謀論インフルエンサー」やスピリチュアル系の話題を発信するブロガーらに拾われ「間違えるはずがない。つい真相を言ってしまって気まずい顔をしている」などと広まった。

 元から点と点とを無理やり繋ぎ合わせるのが好きな界隈だ。桜田氏の発言は格好の餌食になり、安倍氏の過去の肖像などを見比べ「耳の形がおかしい」「歯並びが違う」などと言い合って「やっぱり」と勝手に納得する流れがあった。彼らの中で、7月に凶弾に倒れたのは偽者ということになっている。陰謀論とはこうして形成されるというお手本のような話ではある。

 古くはケネディ大統領暗殺、近年ではアメリカ同時多発テロ、東日本大震災などでも真偽不明な噂が湧き、定期的に語られてきた。歴史的な出来事の裏に、知る人ぞ知る話や、巨大な力によってなされた謀略の類が何一つなかったとは言わない。ただ、いまになって不特定多数がネットで簡単に拾える情報ごときが「隠された真実」でないことは明らかだ。そもそも隠せていないし、なぜそれが真実だと言い切れるのか。逆にまんまと掴まされていて、更に裏がある可能性だってある。

 「信じるか信じないかはあなた次第」。そんなアングラな都市伝説を趣味とする者が一昔前から確かにいた。しかしSNS普及に伴って、情報がより強く早く人々に広がるようになり、一般的ではない話で盛り上がりたい人達だけでなく、前述のような私利私欲の界隈も生まれた。

 TwitterやYouTubeの登場により、突飛な話を投稿して欲望を満たすのが手軽になったと感じている。いまや陰謀論と呼ばれるようになったそれに、手を伸ばせば誰もが簡単に触れられてしまう。例えば「真実を語るセミナー」のような利己的なビジネスに誘導する者たちが、虚構と現実との境が歪んだ人やただ純粋な人達を誘い込んで、SNS上でコミュニティを作ることも珍しくない。そこは、彼らの中では信じるに値する情報ばかり延々と語られる空間である。

 見逃されてはならないのは、そうしたエコーチェンバーの中にすっかり入り込み、冷静な議論ができなくなるほど性格が変わったり、人間関係を壊してしまったりする人も多いことだ。一般社会がやることを見下しがちになり、頑なに自分の信じたいものだけを信じる。そんな人を社会も許容してばかりはいられないから、分断が生まれてしまう。

 誰もが衝撃を受けた安倍元総理銃撃事件。そこでわずかに抱いた疑念がきっかけで初めて陰謀論に触れ、深みにハマってしまった人も既にいるのかもしれない。

黒猫ドラネコ

Webライター、漫画原作者。九州出身の30代。スピリチュアル・ビジネス、疑似科学、反ワクチンなどネット上の怪しい案件を綴るニュースレター「トンデモ観察記」(https://kurodoraneko15.theletter.jp/)を配信している。LINEマンガで「妻が子宮カルトに沼りました」連載中 Twitter @kurodoraneko15

このカテゴリーの最新記事

おすすめ記事

マガジン総合

読みだしたら止まらない! あなたの人生を豊かにする超厳選記事

この会社のマルは何?

注目企業をピックアップして、ミンカブ独自の視点で徹底解剖します!

連載FPがニュースを斬る!

ニュースで報道される事件・事故などをファイナンシャルプランナーが調査!

連載みんかぶ資格部

現在の収入を確実にアップさせる方法として「資格取得」を取り上げます!

連載人生100年時代の生活資金シミュレーション

老後資金の計算をする上で気になるポイントと差を検証していきます!

連載みんかぶFP相談室

みんながもっとハッピーになれるライフプランの魔法をお伝えします!

連載めざせ!理想のポートフォリオ

これから本格的に投資を始める方へ向けた「投資エッセイ」がスタート!

連載子育て30’sの『めざせ!富裕層』大作戦

子育て30’sが資産形成に奮闘する姿をドキュメンタリー形式でお伝えします!

連載2022年はリカレントが熱ちい!

雇用制度改革の必須条件である「リカレント教育」について熱く語ります!

連載FPの"気まぐれ"家計相談

相談経験が豊富なFPが、ライフプランのポイントを解説!

連載お先にライフシフト

「人生100年時代」の新しいライフスタイルをみんなで実現しましょう!

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCoについて気になる情報をお届け!

NISA・つみたてNISA

NISA(ニーサ)・つみたて(積立)NISAについて気になる情報をお届け!

最新情報を発信中

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.