この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

「成長米国株の7ルール」もし、テスラ株を13年前にIPOで100万円買っていたら、今いくら?…天文学的な数字に唖然【注目10銘柄】

桶井道

本稿で紹介している銘柄:アップル(AAPL)、マイクロソフト(MSFT)、ディア・アンド・カンパニー(DE)、コルテバ(CTVA)、MSCI(MSCI)、SPGI(SPGI)、CMEグループ(CME)、ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)、アプライド・マテリアルズ(AMAT)、アンフェノール(APH)

 「もし、あの時、あの銘柄に投資していたら」。株価の推移を振り返るこうした企画は、実効性はともかく、株式投資のロマンを体現する、興味深いノンフィクションであることは間違いない。みんかぶプレミアム特集「今日から1年で億り人になる」第5回では、米国株投資に精通した「億り人」、桶井道さんが登場。テスラ株を例に挙げて、このテーマに挑戦してもらった。はたして、テスラIPO時に100万円投資していた人の資産は現在、いくらになっているのか?

目次

米国株ブームはまだまだ続く、真の強さをお教えしよう

 日本では、株式投資と言えば、個別株では日本株が、「つみたてNISA」では米国に投資する投資信託が主流でしょう。他方で、米国の個別株に投資する人も、以前よりは増えていると思われます。2021年あたりに米国株ブームが訪れました。ブームでは終わらず、この先も、米国株への投資人口は増えるのではないでしょうか。その理由は、次のことに日本の投資家が気付いたからです。

  1. 米国は政治、通貨、経済、軍事で覇権を握っており世界の中心であること、食糧及びエネルギーを自給できること、人口が増加していることなど、国として強いこと
  2. 米国企業はイノベーションを生み出す力が強いこと、世界的なブランド力があることなど、企業としても強いこと
  3. 米国企業は、株価を上げる、配当を増やす、自社株買いをすることで投資家に報いようとすること。株主還元の意識が強くあること
  4. 米国にはプロの経営者が多くいること
  5. 米国株は歴史的に株価が成長してきたこと
  6. 米国株は大型株でも株価が成長すること

 この記事では、米国の巨大企業のひとつ、イノベーションの象徴、イーロン・マスク氏というカリスマが経営する「テスラ」社を分析することで、米国株の強さを実感していただきます。そして、米国成長株の見つけ方、今米国株は買いなのか? コア・サテライト戦略による資産形成を解説します。

公募価格はわずか1ドル強から、テスラの爆発成長13年間

 テスラは、2003年7月、マーティン・エバーハード氏とマーク・ターペニング氏により創業されました。設立当時、現CEOのイーロン・マスク氏は出資者として参加し、翌年2004年に取締役会長に就任しました。IPOは、2010年6月29日、公募価格は17ドル(分割後換算で1.13ドル)、ナスダック市場でした。事業は、EV(電気自動車)の製造・販売などです。2008年に、スポーツカー「ロードスター」を発売、リチウムイオンバッテリーを搭載したEVを初めて量産しました。現在は、車種が増えて、航続距離、性能など世界最高水準のEVとして有名です。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題

    この記事はいかがでしたか?
    感想を一言!

この記事の著者
桶井道

桶井 道/おけいどん 投資家(投資歴20数年)・物書き。2020年秋に47歳で資産1億円とともに約25年間勤務した会社を早期退職。日米を中心に世界の増配株、高配当株、リートおよびETFにて資産運用。単行本出版、コラム連載および寄稿などメディアで活動、ブログも運営している。父親を介護し、「子ども食堂」のボランティアもしている。 【ブログ】 おけいどんの適温生活と投資日記 https://okeydon.hatenablog.com 【X(旧Twitter)】@okeydon 【著書】 (1)今日からFIRE!おけいどん式 40代でも遅くない 退職準備&資産形成術/宝島社 (2)月20万円の不労所得を手に入れる! おけいどん式ほったらかし米国ETF入門/宝島社 (3)お得な使い方を全然わかっていない投資初心者ですが、NISAって結局どうすればいいのか教えてください!/すばる舎 (プロフィールイラスト/西田ヒロコ)

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.