この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

アメリカ「再度の物価高上昇リスク」の震源地とは…米国の歴史的インフレはいつまで続くのか、何が終わらせるのか、日本はどうなるのか

YS

 米国の10月の消費者物価指数(CPI)は市場予想を下回り、「すわ利上げ終了か」との観測も広がった。しかし、元銀行員でドル円動向の情報を発信しているYS氏は「多くの人は物事の表面しかみていない」と話す。日本人が認識すべき、“米国のいま”についてうかがった。 

目次

「CPI下落でインフレ終了」は早計

 米国は依然として、不透明な経済状況の中にあります。米連邦準備理事会(FRB)は2022年3月に利上げを開始し、その後フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を5.25-5.50%まで引き上げました。 

 ただ10月末に開かれた連邦公開市場委員会では、2会合連続で金利を据え置きました。このことから、「年明け早々にも利下げに向かうのでは」といった声も聞かれるようになりました。

 さらにこの観測を後押ししたのが、11月に発表された米消費者物価指数(CPI)です。10月分のCPIは前年同月比の3.2%の上昇となったものの、前月の3.7%よりも縮小する結果となりました。これは市場予想よりも下回る数字です。

 確かに、CPIの下落は利上げ終了に向けた力強いサインとなることは事実です。しかし、今回の数字だけで「利上げ局面終了」と考えるのは早計でしょう。

 CPIと一口にいっても、その領域は「エネルギー」や「食品」、「サービス」などにわかれています。今回のCPIの伸び率の鈍化に大きく寄与したのは、エネルギー価格の下落です。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題
この記事の著者
YS

個人投資家。元銀行マン。銀行を退職し、27歳からはじめたFXでトレードを重ね、4年後の31歳で資産1億円を達成。現在は米国株投資をベースにFXを活用する形で資産を積み上げている。ブログ「YSのドル円観測日記」を運営している。ツイッターは@@yys87495867

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.