この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

敗色濃厚・プーチンが吠えた「西側諸国は、純粋な悪魔崇拝であり、性的に倒錯」全舞台裏

ウクライナの民間インフラへの攻撃…占領から勝利に目的を変えたロシア

 ロシア軍は訓練も補給も不十分で、兵士が戦意を喪失しているケースが多いことが明らかになってきた。ウクライナ戦争に関するありとあらゆる証拠が、ロシアの敗色を裏付け始めている。

 数に勝るロシア軍は、2月24日の侵攻後、迅速な勝利に失敗。最近数週間は、ウクライナが地上戦で勝利を続けていて、ロシア軍は士気が下がり、消耗しきっている。ウクライナ軍高官のオレクシイ・フロモフ氏は、先週、ウクライナ軍がハリコフ、ドネツク、へルソン地域で前進する中で、9月下旬から約120の集落を奪還したと述べた。

 敗走を重ねるロシア軍は、占領下のへルソンの住民を避難させるための措置をとったと発表したが、ウクライナの前進に直面したロシア軍の苦戦を象徴する出来事となった。戦争研究所(ISW)によれば、ウクライナ軍は主にロシア軍を東に押し出すことに注力しているという。

 ロシア軍は、10月10日、ウクライナ全土に空爆を行った。民間インフラ(エネルギーインフラの30%相当)に損害を与え、一部地域で停電が発生した。これまでロシアは、ウクライナの民間インフラをあまり標的にしてこなかった。「この数カ月間、ロシアの目的はウクライナを所有することではなく、破壊することであった」とCNN(10月14日)は報じている。つまり、ウクライナの占領が目的であれば、占領に必要な民間インフラを攻撃するのは理にかなったことではない。占領継続にそのインフラは必要であるからだ。しかし、占領ではなく戦場での勝利が目的なのであれば、建物を壊し、あたり一面を焼野原にして見渡しをよくしたほうが、ウクライナの「地の利」を消すことができる。

 現状のロシア軍は、少しでもウクライナの士気を萎(な)えさせ、目の前の戦場で勝利を収めることで手一杯なのだ。しかし、CNNによれば、ロシア軍によってこのような空爆が繰り返される可能性は、「ロシア軍にその能力がないことから低い」のだという。もう目標に対して精密に空爆できる兵器がロシアにはあまり残されていないのだ。

動員兵たちは「食料も水も持っていない」…厳冬の地でウクライナ軍の反撃が激化

 今後の展開は、厳しい冬の到来だ。天気情報サイト「Weather Spark」によれば、ウクライナの冬は「長く、凍えそうに寒く、風が強く、ほぼ曇り」だという。1月の平均最高気温は-1℃、平均最低気温は-6℃だ。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.