安倍昭恵氏「いずれは会って、本人からどうしてなのか聞いてみたい」…銃撃事件から2年、「国会招致を」40回求めた朝日新聞の無責任

 安倍晋三元首相の銃撃事件から2年がたった。そんな中、安倍昭恵さんがついに事件と夫について口を開いた。ライターの梶原麻衣子氏が綴るーー。

目次

「話すと泣いてしまうので」昭恵さんが涙をこらえつつ口を開いた

 安倍元首相の銃撃事件から、丸2年が経った。「3回忌」ということもあってか、これまで事件に関する取材を受けてこなかった安倍昭恵さんが月刊『Hanada』(2024年8月号)や、安倍政権に最も厳しい論調を取り森友問題では自身の責任を追及する急先鋒だった朝日新聞(紙面では7月3日付)に登場したのには、ある意味では無情な時間の経過を感じざるを得なかった。

 朝日新聞の記事に〈通夜、葬儀、国葬、山口県民葬とあわただしい日々が続く。「現実のこととして受け入れていなかった。仕事のような感じでした」と語る〉とあるように、ようやく事件と夫の不在に対する「実感」がわいてきたのかもしれない。

「話すと泣いてしまうので」と取材を断っていた昭恵さんが、ようやく涙をこらえつつも事件と夫について口を開くことを決意したことになる。その心境を思うと、言葉を連ねるのもためらわれるほどだ。

「いずれは会って、本人の口から、どうしてなのか聞いてみたい」

 もちろん、政治家たるもの「畳の上では死ねない」ものだという覚悟は、妻である昭恵さんにもあったのだろう。月刊『Hanada』の櫻井よしこ氏との対談でも、北朝鮮へ行く際に安倍元首相が「もしかしたら命を狙われるかもしれない」「何かがあったときは立派に見送ってくれ」と言っていたとのエピソードを明かしている。

 とはいえ、朝日新聞の記事でも述べているように、昭恵さんが当初から一貫して「いずれは会って、本人の口から、どうしてなのか聞いてみたい」「恨むという気持ちを持ちたくないと思っている」と言っているのは、やはり驚くべきことだ。

〈恨みの感情は一番ネガティブな感情なので、そういう感情を持ち続ける人になりたくない〉(対談)と述べるように、昭恵さん自身の(スピリチュアルなものも含む)価値観に根差すものからくるのだろう。だが、自身の生き方がそうだからと言っても、命を奪った山上被告、あるいは政治生命に打撃を加えた朝日新聞に対して、そう簡単に達観した思いを持てるわけではない。

 朝日新聞については森友事件の際に40回にもわたって「昭恵夫人も国会で説明を」「証人喚問を」と書き続け、安倍元総理も昭恵さんも窮地に追いやられた。にもかかわらず、「恨み」「反感」を出さず、時に涙を拭いながら取材に応じた昭恵さんを前に、朝日新聞の記者は何を感じたのか。

森友事件の際で40回も「昭恵夫人も国会で説明を」「証人喚問を」と書き続けた朝日新聞

 あるいは、当時森友事件を担当した記者たちは、この記事をどう読んだのか。朝日新聞の読者として、また森友事件に関心を持ち続けている筆者としては聞いてみたいし、記者は書くべきではないのかと思わずにいられない。

 当時、朝日新聞は森友事件追及の急先鋒であり、森友学園の籠池泰典理事長が国有地を購入する際に、昭恵さんと写っている写真を提示したこと、「いい土地ですから前に進めてください」と昭恵さんが言ったとする籠池証言によって国有地の売却を担当している近畿財務局との交渉が一気に進んだと印象付ける記事を掲載し続けていた。

 ところが7月3日付の記事で昭恵さんが〈「いい土地ですね」と言ったら「進めてください」と受け取ったんだと思います〉と、籠池証言を否定。しかし朝日新聞はこれに突っ込むでもなく、次のように続けている。

〈「いい学校ができればと思っていたので利用されたと思ったことはありません」と述べる一方、「(首相)夫人という立場を甘くみていた」「私の一言にそんなに影響力があるとは分かりませんでした」とも述べた〉

 そして、記事をこう締めている。

実際に話を聞いた結末が〈疑問は、まだ解けないままだ〉だけで済むのか

〈取材に関与を否定する一方で、自身の影響力を過小評価したかもしれないという発言も漏れた。この問題は公文書改ざんに発展し、関与させられた近畿財務局職員の赤木俊夫さんは自死。妻の雅子さんは真実を求めて今も裁判で争っている。本当に官僚は昭恵氏の発言に忖度しなかったのか。その疑問は、まだ解けないままだ〉

 なぜこんなにも他人事なのだろうか。当時の朝日新聞は「真相を知るであろう昭恵夫人が口を開けば、事件の全容解明につながる」と考えたからこそ、国会招致を求めていたはずだ。あるいは失言狙いだった面も否定できないだろう。当時朝日新聞は昭恵さんへの取材はできなかったのだろうが、実際に話を聞いた結末が〈疑問は、まだ解けないままだ〉だけで済むだろうか。

 世間にどのくらい知られているかわからないが、森友事件が報じられた当初、朝日新聞が報じた「安倍晋三記念小学校」名での設立申請は実際には行われていなかったことがわかり、後に朝日新聞は誤報を認めている。

 だが「インパクトのある誤情報は広がりやすく、訂正する情報は広がらない」とはネットメディアでの情報に関してよく指摘される通りで、新聞でも同じことだろう。

朝日新聞の責任は大きい、特に朝日新聞の記者の皆さんはぜひコメントを書き込んで

 朝日新聞の責任は大きい。〈疑問は、まだ解けないままだ〉ではなく、近畿財務局の関係者、森友学園側の弁護士への取材の継続はもちろん、当時の朝日新聞の報道姿勢をも含めて「森友事件とは何だったのか」を総括してもらいたい。

 朝日新聞がウェブで近年始めた「コメントプラス」という仕組みでは、記事に社外の有識者や記者自身が感想や意見を書き込めるようになっている。日大の西田亮介教授が投げかけた「エモ記事の是非」をはじめ、盛んな議論が行われている記事もある一方、昭恵さんのインタビューには一つもコメントがついていない(7月8日時点)。今からでも遅くないので、特に朝日新聞の記者の皆さんはぜひコメントを書き込んでほしい。

 さて、安倍元総理銃撃事件は日本のみならず世界的にも大きな衝撃をもたらした事件だが、一方で日本国内の議論はこの二年間、「宗教2世問題」に終始しすぎた印象がある。

安倍憎しでテロを容認するかの姿勢を取った人々の心情

 この事件は政治的文脈で言えば、アメリカで2021年1月6日に起きた米議会襲撃事件に匹敵するほどの大きな問題だと思うのだが、アメリカでこの事件や事件が起きた背景を追うノンフィクションが多数出版され、日本でも訳書が刊行されているのと比べると、安倍銃撃事件は宗教問題、統一教会問題のみに矮小化された印象だ。

 さらには、アメリカでは議会襲撃事件を受けて「さすがにそうした事件を起こす側、トランプ支持者(さらにはそれと親和性の高い反ワクチン派、地球は平面だと考えるフラットアース派、気候変動懐疑派など非科学的志向を持つ人たち)を馬鹿だなんだと批判するのではなく、内心や環境を推しはかり、どうしてそういう考えに至ったのかを理解し、対話の糸口をつかまなければならない」と考えた学者らの潜入レポート的な書籍も刊行されている。

 一方日本では、確かに犯行を行った山上被告と同じ「宗教2世」の置かれた状況にはスポットが当たったものの、安倍憎しでテロを容認するかの姿勢を取った人々の心情や、そうまで思わせたものが何だったのか、安倍支持者の心境など社会的影響面の掘り下げはあまり進んでいない。

「自分の元々の思想とは逆の人たちと接してみた」系のレポートや研究、政治思想が相容れない陣営同士の対話や相手の世界観の読み解きを求める書籍はあってもごくわずかにとどまっている。

昭恵さんが朝日新聞に出向く形で自らの意見を述べたことの意味を考えたい

 社会についていえば、これだけの大きな事件があったのだから、「もう単に分断、対立するだけの言説は減っていくのではないか」と思ったが、そうはなっていない。むしろ分断は進むばかりだ。

 その中で、むしろ昭恵さんが朝日新聞に出向く形で自らの意見を述べたことの意味を考えたい。その「器の大きな」姿勢を契機に、安倍政権とは何だったのか、赤木さんの自殺を含む森友事件とは実際どのようなものだったのか、社会の分断をどう考えるのか、対立する陣営間で互いの認識を埋めるための「対話」を始められないものだろうか。

    この記事はいかがでしたか?
    感想を一言!

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.