この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

羽生結弦がファンに綴った「点数がでない苦しみ」4回転アクセルへの渇望と『バラード第1番』

日野百草 ファンしか知らない羽生結弦

細身の体で引き受けた苦しみ

 しばらく、気持ちの整理がつかなかった。

 しばらく書けなかった。

 私は甘すぎたのだろう。羽生結弦『蒼い炎IV -無限編-』。何度も読み返した。

 苦しいが読み返した。

 私は苦しかった。人の感想はそれぞれかもしれないが、私は読んでいて、幾度となく苦しかった。

 もちろん、羽生結弦という存在は、私たちすべてが彼の苦しみを共有していた以上の苦しみを、その細身の体に引き受け続けていた。

 ただし「その先の表現へ」からは、心穏やかに読むことができる。そこからは開放感がある。私たちがいま知る、現在進行系の羽生結弦がそこにいる。問題はそれ以前、競技会における羽生結弦という存在の、命をかけた苦しみの日々だ。『蒼い炎IV -無限編-』、できる限り、紐(ひも)解いていこうと思う。

4回転アクセルへの渇望と矜持

 冒頭の「プロローグ」および「つかみ取りたい光」から苦しい。とくに2021年世界選手権を綴(つづ)った「4回転アクセル」と2022年北京オリンピック「プライドとともに」は苦しい。息ができなくなる。4回転アクセルへの渇望と矜持(きょうじ)。追い込み、追い込み、追い込み続けた果ての「その先」という「道程」をほんとうの意味で推し量ることなど不可能かもしれない。

 この羽生結弦の苦しみの道程は、「過程」とか「行程」などという言葉では足りない。まったく足りない。羽生結弦の4回転アクセルは「道」(どう)だ。だから「道程」と顕(あらわ)す。武士道とか、騎士道とかいった類の「道」だ。心技体の一致と習熟の先に生き方を探り、見出す「道」だ。「道」とスポーツの何が違うかと言えば、根本的には「命がけ」ということだ。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題

    この記事はいかがでしたか?
    あなたの羽生結弦愛を一言!

この記事の著者
日野百草

1972年、千葉県野田市生まれ。日本ペンクラブ会員。出版社勤務を経てフリーランス。国内外における社会問題、社会倫理のノンフィクションを中心に執筆。ロジスティクスや食料安全保障に関するルポルタージュ、コラムも手掛ける。2018年、評論「『砲車』は戦争を賛美したか 長谷川素逝と戦争俳句」で日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞を受賞。

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.