この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

楽天社債の利率は驚異の10.25%!社運を賭けた「楽天モバイル」の重大局面で三木谷氏が資金調達の大勝負

小倉健一
公開)

 楽天グループのドル建て社債の利率が10.25%であることはご存じだろうか。苦戦が報じられている楽天のモバイル事業だが、三木谷氏はファイティングポーズを取り続けている。みんかぶプレミアム特集「楽天」第2回はジャーナリストの小倉健一が、同社が置かれた環境を解説する――。

目次

楽天グループのドル建て2年債は表面利率が10.25%!!

 決算での赤字幅が過去最大を更新し、不振が続く楽天グループだが、その主な原因は携帯電話事業の楽天モバイルだ。新規参入に伴う通信網や基地局整備の負担が重くのしかかり、2022年5月に発表された、料金が実質無料「0円プラン」の終了(2022年7月)で顧客離れが進んだ。2022年9月末の契約数は455万件と、半年前から36万回線も減らした。

 楽天モバイルの大苦戦は、楽天グループ全体の経営にも大きな影響を与えている。楽天グループの22年度第3四半期決算を見ると営業損益は累計2870億円の赤字で、前年度(前年同期は1083億円の赤字)と比べ赤字幅は160%増えた。これまでに投じた費用は主に借り入れや社債で対応し、9月末時点の有利子負債(金融事業を含む)は2兆7337億円だ。好調な楽天市場や金融事業の利益を、楽天モバイルがひたすら食いつぶす構図が続いている。

 米国格付け会社S&Pグローバル・レーティングは12月21日、楽天グループの長期格付けを「BB」とし、従来の「BB+」から1段階引き下げた。

 S&Pは「モバイル事業の業績改善が遅れていることで、非金融事業のフリーオペレーティングキャッシュフロー(FOCF)の大幅な赤字が今後12カ月程度続く」とし「同赤字を補うための非負債性資金の調達が2022年12月期中はわずかな額にとどまることで、非金融事業の財務内容は大幅に悪化する見通し」を示す。さらに、「モバイル事業の業績改善が一段と遅れるなどして、来期の非金融事業の業績とFOCFがS&Pの現在の想定よりも弱いものとなる可能性が3分の1以上の確率であるとの見方」を反映して格付けを1段階落とし「ネガティブ」にしたのだという。楽天グループが2022年11月に起債したドル建て2年債は、表面利率が10.25%ある。2019年発行のドル建て5年債の表面利率が3.546%だったことを考えると、資金調達に大苦戦している様子がうかがえる。今回の「格下げ」によってさらに資金調達が苦しくなっていくだろう。

驚異的利率で資金調達…三木谷は何を企てている

プレミアム会員になると続きを読めます
30日間無料で試してみる
通常 990円 / 月(税込)
みんかぶプレミアムとは

すでに会員の方はログイン

小倉健一

1979年生まれ。京都大学経済学部卒業。国会議員秘書を経てプレジデント社へ入社、プレジデント編集部配属。経済誌としては当時最年少でプレジデント編集長就任(2020年1月)。2021年7月に独立。現在に至る。 Twitter :@ogurapunk、CONTACT : https://k-ogura.jp/contact/

このカテゴリーの最新記事

人気の著者

最新情報を発信中

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.