この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

日経平均3万円へ! スーパーチャンス到来の4業界と「買ってはいけない業界」…日銀介入の知られざる威力

一定の延命効果があった為替介入

 9月22日、政府は急速な円安の進行を食い止めるため、24年3カ月ぶりの円買い為替介入を行いました。この影響により1ドル=145円台後半だった円相場が、一時140円台まで円高となりましたが、その後再び145円を突破し、150円に迫る勢いです。為替介入した水準まで戻ってきて消化された形です。とはいえ、円安に対する為替介入は、一定の効果があったと思います。それは、マーケットを抑え込む効果があったのが一点、そして興味深いのは、その直後にポンド安が起きたことです。

 日本は金融緩和を継続しているため、本来ならば為替介入したところで147円、148円と踏み上げてもおかしくない相場でしたが、あそこで一旦釘を刺したおかげで投機筋は円売りがしづらい状況になりました。

 そんな中、介入翌日の23日、イギリスが来年4月からの法人税率引き上げ中止や、(4月に1.25%引き上げた)国民保険料の元の水準への引き下げ、所得税の最高税率の引き下げなどを発表しました。減税策はトラス首相が政権を執る前からの最大公約で、5年間で約450億ポンド(約7兆5千億円)の大規模減税です。ドルに対して、売る通貨をずっと探している投機筋は、円売りがやりづらくなったタイミングでイギリスのトラス政権が打ち出した減税政策を「格好の餌」としたわけです。なので、投機筋の目をいったん、ポンドに逸らしたという効果もあったのです。

 とはいえ、遠からず円安は150円に向かっていくでしょう。為替介入はあくまで円安の延命措置という意義に過ぎないと思います。

円安は長期的に見て、日本経済にプラスに働く。とくにこの業界が……

 一方で、マクロ経済の観点から長期的に見て円安はGDPにもプラスになると政府や日銀は考えています。

プレミアム会員になると続きを読めます
30日間無料で試してみる
通常 990円 / 月(税込)
みんかぶプレミアムとは

すでに会員の方はログイン

馬渕 磨理子

経済アナリスト 京都大学公共政策大学院修了。資産運用を担ったのち、金融メディアのシニアアナリストなどを務める。2022年に日本金融経済研究所を設立。「日本一バズるアナリスト」。

このカテゴリーの最新記事

人気の著者

最新情報を発信中

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.