この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

ありがとう「値上げ歓迎の黒田バズーカ」投資家・マーケットは大々々歓迎だ!

小倉健一
公開)

思わぬ「バズーカ砲」が日本経済に直撃した 

日銀のアンケート(「生活意識に関するアンケート調査」(第89回)2022年3月実施)によると、1年前と比べて支出を増やしたものとして、「食料品」(1位)「日用品」(3位)がランクインした。現在の物価に対する実感を一年前と比べると、「上がった」と感じる人が81.2%となり、国民が「インフレ」を感じ始めているようだ。

庶民感覚からすれば「値上げ」は「悪」だ。同アンケートでも、商品・サービスを選ぶ際に、特に重視することとして「価格の安さ」は、51.7%を超えており、この半年で、その割合は増えている。インフレへの警戒感が強まっているということだ。

そんな中、日銀の黒田東彦総裁が放った想定外の「バズーカ砲」が炎上している。資源高や食料品などの値上げが相次ぐ中、「家計の値上げ許容度は高まっている」などと発言し、コロナ禍で苦しむ庶民感情を逆撫でしてしまったようだ。

「景気という「気」に好影響をもたらせる政策を採用」

日本経済を苦しめてきたデフレからの脱却。その先導役として黒田氏が中央銀行トップに就任したのは、2013年3月のこと。当時の安倍晋三首相が表明した「機動的な財政政策」「大胆な金融政策」「民間投資を喚起する成長戦略」という3本の矢の中核を担い、「2年で物価上昇率2%実現」を目標に掲げた。就任会見では「日本経済は過去15年近くもデフレに苦しんできた。2%という物価安定目標をできるだけ早期に実現するということが日銀として果たすべき一番大きな使命だ」と宣言し、直後に放った市場の予想を上回る大規模な金融緩和は「黒田バズーカ」と呼ばれた。

 従来の金融政策とは異なる手法について、黒田氏は2017年6月の講演で「これは2%の物価安定の目標を掲げ、そのためには何でもやるという強く明確なコミットメントを行うことにより、人々の期待に直接働きかけること、大規模な長期国債の買入れによって直接的に長期金利の低下を促すことの2つを柱としている」と説明。中央銀行の強い意志によってインフレ期待を上昇させ、景気という「気」に好影響をもたらせる政策を採用してきたと明らかにしている。

政府内では「マクロ経済的には問題ない」との擁護も

だが、「2年」程度での達成を目指した物価安定の目標は9年経った今も完遂してはいない。足下の消費者物価指数の上昇率は4月に3.0%に拡大したが、実質賃金は前年比1.2%減少している。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻も100日を超え、先行きの不透明感は強まるばかりだ。

 黒田氏は2日後に「表現は全く適切ではなかった」として撤回する考えを示したが、「物価の番人」といわれる日銀総裁の発言には、政府内で「マクロ経済的には問題ない」と擁護する声があがる一方、「参院選を直前に控えた時期になんてことを言ってくれたんだ」と怒気を隠せない高官も目立つ。

『安くて当然』『値上げは悪』…デフレ体質から脱却を後押し

しかし、改めて「庶民感情」と「マーケット心理」の乖離が象徴的に表れたケースではなかっただろうか。日本経済特有の弱点であった『安くて当然』『値上げは悪』というデフレ体質から脱却し、成長への兆しが見え始めたのである。例えば、これまで値上げに怯えるお菓子メーカーは、お菓子のサイズを小さくする、お菓子の数量を減らすなどの涙ぐましい「ステルス値上げ」を迫られてきた。

プレミアム会員になると続きを読めます
30日間無料で試してみる
通常 990円 / 月(税込)
みんかぶプレミアムとは

すでに会員の方はログイン

小倉健一

1979年生まれ。京都大学経済学部卒業。国会議員秘書を経てプレジデント社へ入社、プレジデント編集部配属。経済誌としては当時最年少でプレジデント編集長就任(2020年1月)。2021年7月に独立。現在に至る。 Twitter :@ogurapunk、CONTACT : https://k-ogura.jp/contact/

このカテゴリーの最新記事

おすすめ記事

マガジン総合

読みだしたら止まらない! あなたの人生を豊かにする超厳選記事

この会社のマルは何?

注目企業をピックアップして、ミンカブ独自の視点で徹底解剖します!

連載FPがニュースを斬る!

ニュースで報道される事件・事故などをファイナンシャルプランナーが調査!

連載みんかぶ資格部

現在の収入を確実にアップさせる方法として「資格取得」を取り上げます!

連載人生100年時代の生活資金シミュレーション

老後資金の計算をする上で気になるポイントと差を検証していきます!

連載みんかぶFP相談室

みんながもっとハッピーになれるライフプランの魔法をお伝えします!

連載めざせ!理想のポートフォリオ

これから本格的に投資を始める方へ向けた「投資エッセイ」がスタート!

連載子育て30’sの『めざせ!富裕層』大作戦

子育て30’sが資産形成に奮闘する姿をドキュメンタリー形式でお伝えします!

連載2022年はリカレントが熱ちい!

雇用制度改革の必須条件である「リカレント教育」について熱く語ります!

連載FPの"気まぐれ"家計相談

相談経験が豊富なFPが、ライフプランのポイントを解説!

連載お先にライフシフト

「人生100年時代」の新しいライフスタイルをみんなで実現しましょう!

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCoについて気になる情報をお届け!

NISA・つみたてNISA

NISA(ニーサ)・つみたて(積立)NISAについて気になる情報をお届け!

最新情報を発信中

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.