この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

元風俗店員から6年で2億円をつくったカリスマ投資家「下げ相場で一人勝ちする方法」年末年始要注目の10銘柄

あーる

 投資の世界では、一般的に「イナゴ」することは良しとされてはいない。しかし、著名投資家やX(旧Twitter)で注目する一般人を「適切に」イナゴしてきたことで、6年で2億円もの資産を築き上げたのが個人投資家のあーる氏だ。

 今回は同氏に億り人になるための下げ相場との向き合い方や、年末年始要注目の10銘柄を聞いた。みんかぶプレミアム特集「最強投資家の至極銘柄58」第3回。

目次

2億円ネオイナゴ投資家・あーるの相場との向き合い方

 10月の下げ相場でかなりのマイナスをくらった方が増えているかもしれませんが、上がる時もあれば下がる時もあるのが相場です。将来の相場予想をするのは困難ですから仕方ありません。例えば、2020年3月のコロナショックを数か月前に予想できた人は誰もいませんよね。

 だから、個別企業の直近の決算をもとに3か月後の次の決算では良いものが出そう、悪いものが出そうとかカタリストが何かあるかとかをイメージすることの方が大事だと思います。

 ただし、日々の相場を見ながら目先はどうなりそうかなんとなくイメージすることはあります。日米の金融政策の方向性や米経済指標、突発的な材料等をキッカケに相場が大きく動く時もあるのでその時に目先は上がりそうだな、下がりそうだなとイメージする程度です。現時点の相場の流れ、川の流れを知ることで、自分のポジションの取り方や個別株へのリスクがないかなどをチェックしています。

下げ相場の大底で身動き取れなくなることを防ぐために機械的に損切り

 10月は下げ相場になっていますが、金利上昇に弱い新興市場は仕方ないとして市場全体で見れば大暴落と言えるものではないですよね。でももし相場が大暴落したら、私であれば潔く全部ぶん投げます。2020年3月のコロナショックのような時には、いったん気持ちをフラットにするためにそうすることも選択肢のうちの一つです。含み損を抱えていると、底打ちした後にポジションが取れなくなってしまい、機会損失が発生してしまいますよね。身動きが取れなくなることを防ぐためにも、投げてしまうのが吉です。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題
この記事の著者
あーる

年中休まず働くブラック風俗店員だったときに「このままではダメだ」と株式投資をスタート。他人を真似するだけのイナゴ投資を駆使して投資開始からわずか6年後の2020年に億り人に。2023年には、資産2億円以上になりFIRE達成。Twitter@@kl_kabu

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.