この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

「イベント・ドリブンには優位性がある」と私は言いたい―――30年以上の投資経験を持つベテラン投資家の“最強投資ルール”

「イベント・ドリブン」という言葉をご存知だろうか。M&A(合併・買収)や業務提携、リストラなど、企業の経営や財務に大きな影響を及ぼすイベントが起こった際の市場価格の変動を、投資のチャンスと捉える投資戦略のことである。今回取り上げるのは、そんなイベント・ドリブン戦略を駆使し、30年以上の投資経験を持つ羽根英樹氏(X:@hidekihane)。Xでの情報発信のほかに、投資セミナーの講演にも多数出演するベテラン投資家だ。

 みんかぶマガジン短期連載「一流投資家が語る、イベント・ドリブン投資戦略の極意」第1回は、羽根氏の投資遍歴と投資におけるマイルールについて話を伺った。

目次

リーマンショックをきっかけに「イベント・ドリブン」戦略に切り替え

――まず、羽根さんの投資遍歴を教えてください。

 1993年ごろ、私は商品先物市場を介して行われるコモディティ投資から始めました。この分野では「サヤ取りトレード」という、限月が異なる売買を同時に行う手法があります。

 この戦略は株式市場でも見られ、ロングとショートを組み合わせたようなイメージです。そして2003年ごろからは、株式投資に重点を置くようになり、「イベント・ドリブン」という戦略に注力するようになりました。理由としては、商品先物の取引量が著しく減少し、取引が難しくなったからですね。

――イベント・ドリブンをもう少し解説していただけますか?

 「全天候型」とも表現され、明確な入口と出口を持っているので、いつでも始められる利点があります。細かいタイミングを見計らう必要がなく、かと言って長期投資とも戦略が違います。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題
この記事の著者
羽根英樹

1993年よりサヤ取りトレードを開始し、現在はイベントドリブントレードを主力戦略としている個人トレーダー。相場専門の出版社パンローリングで、実践者向けのイベント投資倶楽部を主宰し、各種の投資セミナーでも高い信頼を獲得している。またイベント投資の手法を詳細に解説した『イベントドリブントレード入門』など多くの著書がある。(X:@hidekihane)

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.