この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

79銘柄でテンバガー達成した2.5億円投資家「為替介入の効果には持続性がない」今こそ株の仕込み時!注目している2銘柄

本稿で紹介している個別銘柄:PKSHA Technology(3993)、ウェルスマネジメント(3772)、サムティ(3244)、日本ラッド(4736)、丸千代山岡家(3399)

    過去79銘柄でテンバガーを達成しながら億り人になった「テンバガーハンター」愛鷹氏に、日経平均最高値更新した今、注目銘柄や相場観などについて伺った。みんかぶプレミアム特集「1ドル200円時代のサバイバル」第7回。

目次

半導体 牽引してきた 日本株

    前回は日経平均株価が4万円を超えて間もない頃に寄稿しました。その後の株価と言えば、米国の経済指標が好調なため、利下げ開始が先延ばしされるとの思惑もあり、日米ともに指数は一段下がった辺りで上げ渋って推移していました。

    が、本稿一次〆切4月19日の日経平均株価は、前場引け1260円安の36818円と37000割れるも、大引け1011円安(2.66%)の37068円。なんとか37000円に乗せたものの、最高値40888円から1割安になりました。下落率としては過去の下落率ランキングTOP100にも入らなさそうですが、失われた時価総額としては東証3市場で18.6兆円が失われました。中東での政情不安漂う中、イランで爆発があったことで売りが売りを呼んだ一日になりました。

 その後といえば何事もなかったかのように、4月19日安値を底にジリジリと値を戻し、5月10日には38000円台まで株価は回復しています。

 一方、ドル円は、4月19日に34年ぶりの154円台に乗せました。神田財務官が急激な円売りには対応する、と口先介入してきていますが、効果なし。

 と思ったらゴールディンウィークの真っただ中には160円に乗せ、更に円安へというところで、為替介入により一気に152円台まで円高に傾きましたが、再び円安基調で5月13日は156円間近まで戻しました。まるで、連休の薄商いをあえて狙ったかのような介入でした。

 デフレに長年悩まされた日本にとって、インフレが進むのは願ってもない状況ですが、実質賃金が24ヶ月と、2年間もマイナス推移している状況では、円安に伴う原料高によるインフレでは、国民の消費動向には寧ろ悪影響でしかありません。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題

    この記事はいかがでしたか?
    感想を一言!

この記事の著者
愛鷹(あしたか)

就職後、2008年から株式投資をはじめ、これまで日本株通算77銘柄で10倍株(テンバガー)を達成し、“テンバガーハンター”の異名を持つ現役サラリーマン投資家。数々の失敗や金融ショックを乗り越え、2015年に“億り人”に。2021年はコロナ禍を経ながらも過去最多の19社テンバガーをゲットし、2024年現在12年連続テンバガー達成中。一度買った株はほとんど売らず、気付けば800銘柄超の超分散投資で、株式資産は2億5000万円超。著書に「サラリーマン投資家が10倍株で2.5億円」(ダイヤモンド社)。チャリ旅、山旅、島旅で日本全国津々浦々を巡る旅人な一面もある。日本百名山は85/100座を登頂。X(旧Twitter)アカウント:愛鷹@minobouz

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.