この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

3億円近くの利益を出してきた「現役団体職員投資家」のマイルールとは…子どもの教育費、外車ぐらい「60歳を超えて億を持っていても意味がない」

 株式投資を中心に、利益3億近くを叩き出しているのが東条駿介(仮名。以下、東条)さんだ。この方、実は現役の現役団体職員。その身分を隠し、イベント講演、ラジオ出演、小説家……など、マルチに活動している。すでに30年を超す歴を持つ東条さんが、どのように“億超え”を達成していったのか、全三回にわたるインタビューをお送りする。第二回は「利益とその使い道」について語ってもらった。

目次

「すごいことだな」利益が出ていても俯瞰で見ている

――利益の数字、正確には把握しているんですか?

東条「2億〜3億っていうところまでは利益が出ましたね。よく“億トレ”の人と話すと、『あと2回ぐらいリーマン・ショックが来ても対応しなくて済むね』なんて冗談を言ったりしていました。ただ、年齢が50代半ばになってきたので、そんな無理をして増やそうという気はなくなってきましたね。それこそCISさん、テスタさんみたいにお金を持ったって僕は使い切れないと思います(笑)」

――サラリーマンの生涯賃金は約3億とかいいますよね。すでにそのぐらいは投資で得ているという。

東条「20代の頃は月5〜10万ぐらい給料とは別に入ればいいなって思っていましたけど、月50万とか100万入ってくると、『すごいことだな』って自分でもよくここまで来たなって改めて思いますよね。普通に海外旅行に行けたりだとか、子ども二人いるんですけど、海外の留学費用に使えたりだとか、そういうことが気にせずできるのは嬉しいです」

働いているために金銭感覚が狂わない

――ちなみに、今まで築いた資産でしてきた大きな買い物というのは……?

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題

    この記事はいかがでしたか?
    感想を一言!

この記事の著者
東条駿介

現役サラリーマンながら株式投資と不動産投資で約3億円を稼ぐ。主な著書に「超お買い得になった株と不動産で1億円つくる!」(ダイヤモンド社)、「虚像の巨匠」(文芸社セレクション)。5月15日には、新刊小説「虚像のカリスマ」(文芸社セレクション)が発売。詐欺により大金を失ったトレーダーと、夜の街で復活を賭けるホステスがお金に翻弄されつつ、真の自由と幸福を求め奮闘する

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.