この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

元モルガン銀行東京支店長「国債再暴落、ハイパーインフレの可能性」…これから始まる「日本・爆売り」の恐ろしさ

 元モルガン銀行東京支店長・藤巻健史氏の大好評インタビュー第2弾。岸田政権は今後も増税を続けるのか、プライマリーバランス黒字化達成の意味や外国人投資家の日本に対する見方などについて聞いた。インタビュー全3回の最終回。

バラマキを散々やってきた日本で増税は不可避

――1月にBSテレ東の番組にて、自民党の甘利明前幹事長が消費増税の可能性について言及し、話題になりました。消費増税は避けられないのでしょうか?

藤巻氏) 増税しないと財源を確保できませんよね。防衛費を増やすという話も出ていますが、このまま増税せずに財政赤字を続けていると、マーケットから売りを浴びせられてしまう可能性もあります。どうしようもない状況でやむを得ず、消費増税についても考えざるを得ないのだと思います。

――国債発行が難しくなっている状況なのでしょうか?

藤巻氏) そうだと思います。日銀が国債を引き受けてくれなくなったら、国債を発行できなくなります。そのため、増税して財源を確保するしか選択肢がない状況なのでしょう。

 現状、日銀は毎年、年間発行額の大部分の国債を買っています。一時は80%~90%近くまで買っていました。今は60%くらいになりましたが、日銀が「国債を買いません」となったら、長期金利が暴騰してしまいます。そのため、日銀から「もう買えない」との話があり、増税の議論が今になって出てきたのだと私は考えています。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題

    この記事はいかがでしたか?
    感想を一言!

この記事の著者
藤巻健史

1950年東京生まれ。一橋大学商学部を卒業後 三井信託銀行に入行 1980年社費留学で米国ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院にてMBAを取得。ロンドン支店 勤務をへて1985年 米銀のモルガン銀行(現JP モルガンチェース銀行)に転職。 同行で資金為替部長、東京支店長兼在日代表を歴任し東京市場屈指のディーラーとして 世界に名を博し JPモルガンの会長から伝説のディーラーと称された。 2000年にモルガン銀行を退社後はジョージソロス氏アドバイザーを務めた他、一橋大学 経済学部、早稲田大学大学院商学研究科にて講座を受け持った。2013年から2019年までは参議院議員。2020年に旭日中綬章を受章。日本金融学会所属。 現在(株)フジマキ・ジャパン代表取締役 。

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.