この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

なぜ億万長者は「首相動静」を毎日読むのか…トップトレーダーが読んでいる雑誌、レポート、ネット情報一覧

馬渕 磨理子
公開)

 投資家にしろ、ビジネスパーソンにしろ、さらなる高みを目指すならインプットはかかせない。しかし「なかなか勉強の時間がとれない」と悩んでいる人も多いはずだ。しかしそれでも、投資収益や年収を上げている人は、毎年のように上げている。彼らはどう学んでいるのか。プレミアム特集「1億貯める#タイパ投資術」第5回は、経済アナリストの馬渕磨理子氏が億万長者の勉強法を解説する――。

目次

「まずは本を読む」が根本的に間違いっている理由

 私のもとには「投資を体系的に学べる本を教えてください!」という質問がたくさん寄せられます。投資の用語解説や投資の手法などをまとめた書籍って山のようにありますよね。

 ですが、私の答えとしては「『この1冊だけを読めば大丈夫!』という本は存在しません」です。突き放すようですが、投資は常に最新の社会情勢をつかみながら、これから何が起きるかを予測する “ゲーム” だからです。投資本は、投資スキルをさらに高めたり課題を克服したりする目的で手に取るのはいいのですが、トレンド把握には適していません。

 リアルな投資環境に近い情報をわかりやすく解説し、かつ個々の課題を解決する需要にもこたえてくれるのが「マネー誌」です。代表的なのは『ダイヤモンドZAi』『日経マネー』もしくは有料オンラインメディア「みんかぶマガジン」などです。

 マネー誌は高配当投資、ほったらかし投資、黒字転換投資、米国株投資、グロース株投資、バリュー株投資など、相場トレンドに合った投資手法を紹介してくれます。個人投資家による失敗談や成功談も参考になりますよね。

 いずれにせよ、最初から本を読むことはおすすめしません。まずは雑誌や新聞などのコラムから入ります。コラムは本よりも中身が薄いのでは、と思うかもしれません。たしかに情報量は少ないかもしれませんが、その分凝縮されており、トレンドや世間の興味関心ごとを反映しているので、コラムの方がよりリアルな情報を効率よく得られます。

絶対に読むべき経済レポート8選

プレミアム会員になると続きを読めます
30日間無料で試してみる
通常 990円 / 月(税込)
みんかぶプレミアムとは

すでに会員の方はログイン

馬渕 磨理子

経済アナリスト 京都大学公共政策大学院修了。資産運用を担ったのち、金融メディアのシニアアナリストなどを務める。2022年に日本金融経済研究所を設立。「日本一バズるアナリスト」。

このカテゴリーの最新記事

人気の著者

最新情報を発信中

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.