この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

どうすることもできない…リニア徹底抗戦の静岡・川勝知事「次期知事選に徳川家広氏を永田町から推しまくる声」

 混迷極まるリニア中央新幹線、静岡工区問題。川勝平太静岡県知事がJR東海に「待った」をかけ続けており、全く終わりが見えない。そんな永田町では次の知事選候補者の選定に入っている。そして驚きの人物に対して出馬を期待する声が強まっている。経済アナリストの佐藤健太氏が解説するーー。

側近に裏切られた静岡県・川勝知事

 東京・品川―大阪間を1時間強で結ぶリニア中央新幹線構想は、静岡県の川勝平太知事による「待った」で進んでいない。沿線自治体には早期開業に期待する声が渦巻くものの、品川―名古屋間の2027年開業は絶望的だ。「水量が減る」「崩落が起きかねない」などと主張し、孤立する川勝知事。永田町では2025年の次期県知事選をにらみ、「殿のおなり」に期待する声も漏れる。

 「事業について沿線自治体のほとんどが賛成、すでに事業が行われていることから、その沿線にある静岡市の市長は、個人としてリニア事業にどのような価値判断を持っていたとしても、行政の責任者としての行政判断はリニア事業に協力すべきであると考えている」。静岡市の難波喬司市長は6月26日、就任後初めての市議会総括質問で改めてリニア推進の立場を表明した。

 難波氏は国土交通省出身で、静岡県の副知事や理事を務め、川勝知事の右腕として豊富な知識と経験が評価されてきた人物だ。4月の市長選で当選後は「健全な科学的・工学的根拠に基づく対話が進むことが大事」などと土木専門家の観点からも前向きな発言を繰り返している。

静岡県が主張する水問題は解決しそうだが……

 品川―名古屋間は2014年に国が工事実施計画を認可したものの、静岡工区の南アルプストンネルをめぐり静岡県が“ストップ”をかけている。主な理由は、生活用水である大井川の水量減少や生物多様性への影響、工事によって発生する残土の取り扱いだ。県側は建設主体のJR東海にトンネル湧水の全量を戻すよう求めてきた。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題

    この記事はいかがでしたか?
    感想を一言!

この記事の著者
佐藤健太

ライフプランのFP相談サービス『マネーセージ』(https://moneysage.jp)執行役員(CMO)。心理カウンセラー・デジタル×教育アナリスト。社会問題から政治・経済まで幅広いテーマでソーシャルリスニングも用いた分析を行い、各種コンサルティングも担う。様々なメディアでコラムニストとしても活躍している

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.