この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

叫び声虚しく、顔面神経裂傷、頭蓋骨貫通、即死、トラウマ…壮絶ヒグマ事件簿「全速力で襲われた7人の壮絶症状」

 ツキノワグマに全速力で襲われたら人間はどうなるのか。クマによる農作物被害は年間5億にも上るというが、はたして人とクマは共生できるのか。作家の小倉健一氏がレポートするーー。

カナダでクマに襲われた7人の記録…平均して3回の手術、22日間入院

 1994年から2005年の間に、カナダのアルバータ州カルガリーのフットヒルズ医療センターで、クマに襲われた傷を負った7人の患者が治療を受けた記録が残っている。クマによる襲撃の悲惨さがよくわかるので、紹介したい(カナダ形成外科ジャーナル『アルバータ州カルガリーで治療された熊による傷害事件:その管理と後遺症』2006年)。

 その中で、7人の患者は裂傷や刺し傷から骨折や組織の剥離に至るまで、さまざまな負傷の治療を受けた。患者は平均して3回の手術を受け、22日間入院したという。傷の洗浄、抗生物質の静脈内投与などをしたが、2人の患者は傷口から入った感染症を防ぐことができなかった。さらに、7人中6人が急性ストレス障害を発症し、うち1人は心的外傷後ストレス障害に移行した。合併症は感染症から肺塞栓症まで多岐にわたったのだという。クマによる攻撃はさまざまな傷害をもたらす。感染症だけでなく、襲われた恐怖から発生する精神障害は一般的な後遺症だ。

クマに襲われた7人の末恐ろしい末路…顔面めちゃくちゃ、うつ病、睡眠障害も

 7人の患者をそれぞれ、A、B、C、D、E、F、Gとする。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題
この記事の著者
小倉健一

1979年生まれ。京都大学経済学部卒業。国会議員秘書を経てプレジデント社へ入社、プレジデント編集部配属。経済誌としては当時最年少でプレジデント編集長就任(2020年1月)。2021年7月に独立。現在に至る。 Twitter :@ogurapunk、CONTACT : https://k-ogura.jp/contact

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.