この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

男の頭蓋骨を爪と牙で粉砕…銃で殺したはずのヒグマが起き上がりまさかの報復!海外研究「ヒグマ被害は年々増加傾向にある」

 クマによる農作物被害は年間5億にも上るというが、はたして人とクマは共生できるのか。作家の小倉健一氏が解説するーー。

今年初めてのクマによる人的被害。大声を出して難は免れたが…

 クマが人間を襲い殺すというような忌まわしい事件が度々起きて、注意喚起がなされたあとでも、クマが人間を襲う事件が後を絶たない。クマの立場にすれば、人間の身勝手な開発によって、生活圏が近くなってきてしまったためだろう。先日(7月18日)も、新潟県湯沢町三国で70代男性が散歩中にクマに左腕を引っかかれ、けがをした。クマは一緒に散歩していたもう1人の男性が大声を出したところ逃げていったという。その事件を報じたメディアの一つである産経新聞(7月18日)によれば「県内では昨年6月、胎内市内で50代男性が登山中にクマに襲われ、左ほほなどに重傷を負った。県内でのクマによる人身被害はそれ以来となる」としている。

 自戒の念を込めていうが、やはりメディアを通してクマによる襲撃事件をセンセーショナルに報じると、クマとの遭遇を避ける方法や遭遇した場合の正しい行動様式を伝えきれていないケースも多いようだ。クマの残虐な事件を報道することで、クマ被害が減るものだと確信するので、私はこうした報道にもやはり意味があると思っているが、もう少し客観的な指標、数字、データを踏まえていったほうがよいようにも感じている。クマは、悪魔でも鬼でもなく、大型の肉食動物であるのだ。

2000年から2015年までヒグマが人間を襲った事件664件を分析。時間の経過とともに件数が増加

 「SCIENTIFIC REPORTS」で公開された「ヒグマによる人間への行動」(G.Bombieriら「Brown bear attacks on humans: a worldwide perspective」2018年10月31日)には、クマとの付き合い方を考えさせられる興味深い研究結果が掲載されている。詳しくは、英語の元論文を読んでほしいところだが、簡単に紹介していこう。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題

    この記事はいかがでしたか?
    感想を一言!

この記事の著者
小倉健一

1979年生まれ。京都大学経済学部卒業。国会議員秘書を経てプレジデント社へ入社、プレジデント編集部配属。経済誌としては当時最年少でプレジデント編集長就任(2020年1月)。2021年7月に独立。現在に至る。 Twitter :@ogurapunk、CONTACT : https://k-ogura.jp/contact

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.