この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

超常識的な党綱領の中身…減税と愛国”百田尚樹総理”に高まる期待「日本保守党は増税メガネが壊した日本を救うのか」 

 日本保守党が11月11日、大阪・梅田で初めてとなる「大阪街宣」を実施したところ、想定以上の人が集まったことは記憶に新しい。党首である百田尚樹氏の任期に支えられ、その党勢拡大は止まるところを知らない。

 元小池百合子都知事の秘書で、政界事情に詳しい作家の小倉健一氏は「日本人が抱く『愛国心のトラウマ』の解決を百田総理に求める声が大きくなってきている」というーー。

目次

飛ぶように売れた百田尚樹のインタビュー

 作家の百田尚樹氏が代表を務める「日本保守党」。その党員(一般党員の党費、年間6000円)が5万4000人を突破した。11月11日に開催された大阪梅田での街頭演説会では、あまりの聴衆の多さに安全面を憂慮した警察から中止の要請が入った。百田氏のインタビューをトップで特集した雑誌も飛ぶような売れ行きを見せているという。

 百田氏は月刊誌「Hanada」(2024年1月号)で、日本保守党を結党した動機についてこう語っている。

「LGBT法案という日本を根底から破壊する天下の大悪法を、自民党は党内で反対が多いにもかかわらず、そうした声を一切無視し、ろくな審議もせずに党議拘束かけて強引に可決、成立させました。/あまりの怒りに、こんな暴挙を黙って見ているようでは、生きている価値がないとすら思い、せめて自民党に一太刀(ひとたち)浴びせたいとの思いで新党の立ち上げを決意しました」

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.