この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

大川隆法、浅井昭衛、池田大作…相次ぐカリスマの死で激変する「2024年宗教勢力図」鈴木エイト「未だ旧統一教会を利用する閣僚経験者も」

 2023年、日本宗教界は「激動」の一年だったと言えるだろう。統一教会問題、カリスマの相次ぐ死……。政治にも影響を与えていることが改めてわかったいま、来年はどんな出来事が起こりうるのか。プレミアム特集「2024年、日本大予測」第七回目は、旧統一教会問題を追求してきたジャーナリスト・作家の鈴木エイト氏が、日本の「宗教」の未来をうらなう。

目次

カリスマが去った創価学会。それでも分派が発生する可能性は低い

 2023年は宗教界、特にカルト的な側面が指摘される団体のトップが相次いで亡くなった年だった。3月に幸福の科学の大川隆法総裁、10月には顕正会の浅井昭衛会長、そして11月に創価学会の池田大作名誉会長と連続してその“訃報”が報じられた。

 中でも「先生」として信者から崇められていた池田大作の死は創価学会・政界にどのような影響をもたらすのか。

 節目節目に聖教新聞ではその発意内容が報じられてきたものの、人前には現れず、意思表示ができない状態であろうことは信者たちも推測していた。公に姿が確認されてから13年以上、表舞台から姿を消していた名誉会長の死は、教団の実務面ではそれほどの影響はないとみられる。教団運営は第6代会長の原田稔が行い、組織運営としては突出したカリスマ的な指導者に頼らない体制を採ってきたからだ。教団が分裂し分派が発生するような可能性も低い。

 池田大作を精神的支柱として、ラディカルに活動してきた中心世代の信者たちの動向に変化は起こるだろうか。創価学会の中心世代は高齢化しており、女子部の人員の減少により2021年5月に婦人部と女子部が統合され「女性部」となった。その元婦人部の信者たちが占める女性部でも中心世代はやはり団塊の世代であり、高齢化は避けられない。選挙運動や「折伏」と呼ばれる新規信者獲得活動などにも影響は出てくるだろう。

どの宗教団体にも訪れている「信者の高齢化」。衰退化は避けられない

 政界との関係については、1964年の結党以来支持母体となってきた公明党への影響が気になるところだ。政権与党として自公連立は20年になる。肝心の得票数については国政選挙のたびに1割以上減少しその集票力は「かげり」を見せている。学会でラディカルに選挙運動を展開してきた中心世代が高齢化し団塊の世代が中心となっている現状で、大幅な得票数増加は見込めない。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題

    この記事はいかがでしたか?
    感想を一言!

この記事の著者
鈴木エイト

ジャーナリスト・作家。滋賀県生まれ。日本大学卒。2009年創刊のニュースサイト「やや日刊カルト新聞」で副代表、主筆を歴任。2011年よりジャーナリスト活動を始め、宗教と政治というテーマのほかに宗教二世問題や反ワクチン問題を取材。「週刊朝日」「AERA」「東洋経済」「ダイヤモンド」などに寄稿する。著書に『「山上徹也」とは何者だったのか』(講談社+α新書)、『自民党の統一教会汚染 追跡 3000 日』、『自民党の統一教会汚染2 山上徹也からの伝言』(小学館)など(X:@cult_and_fraud

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.