この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

鈴木おさむ「スマスマ終了で違和感生まれた」相次ぐテレビマンの「辞める」について「40歳を過ぎると“ソフト老害化”していく」定められた宿命

 大学を中退して放送作家となり、数々の人気番組に携わってきた鈴木おさむ氏が、3月31日をもって放送作家を辞める。先日発売された最初で最後のビジネス書『仕事の辞め方』(幻冬舎)には、なぜこれまでのキャリアを捨て、新しい道に進もうとしているのかという経緯に加え、「仕事を辞める」と想像することで起こる“ポジティブな変化”が書かれている。

 そんな鈴木氏が身を置いてきたテレビ業界では、近年、有名・有力社員の「退社」が相次いで報じられている。テレビ東京から独立した佐久間宣行氏、日テレで『有吉の壁』を手がけた橋本和明氏など、名の通ったテレビマンが次のステージへと移行。みんかぶプレミアム特集「日本・世界経済こう変わる」第6回では、鈴木氏がテレビ業界にいま起きている変化と、世のサラリーマンに向けた「何かを辞める」ことの良さを説く。

目次

『SMAP×SMAP』の終了によって“違和感”が生まれた

 まず僕が32年間続けてきた放送作家の仕事を辞めるという理由についてなんですけども、1996年から20年間続けてきた『SMAP×SMAP』という番組が悲劇的な結末で終わってしまったこと。それは、やはりきっかけとして大きいですね。

 終わってからも、自分の中で改めて「頑張ろう」と思って、たくさんの魅力的な仕事をさせてもらっていたんですけども、どこかモヤモヤしているというか、「120%のスイッチが入りづらい自分」がいるんです。もちろん、目の前の仕事には全力で向き合っているけど、ずっと変だなっていう感覚を持ちながら過ごしてきました。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題
この記事の著者
鈴木おさむ

放送作家。1972年、千葉県千倉町(現南房総市)生まれ。高校時代に放送作家を志し、19歳でデビュー。バラエティーを中心に数々の人気番組を構成。2002年には、森三中の大島美幸さんと結婚。「いい夫婦の日」パートナー・オブ・ザ・イヤー2009受賞。主な著書に、結婚生活を綴った『ブスの瞳に恋してる』(マガジンハウス)、『ハンサム★スーツ』(集英社)、『テレビのなみだ』(朝日新聞出版)など

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.