この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

渡辺喜美「今の自民党は使い古しのカス」…自民党派閥の裏金問題不起訴に「不適切にもほどがある」

 日本銀行は3月19日の金融政策決定会合でマイナス金利政策を解除し、17年ぶりの利上げに踏み切った。日経平均株価はバブル期を超えるが、「実感なき最高値」に国民は困惑気味だ。

 政界は自民党派閥をめぐる「政治とカネ」問題で揺れる中、岸田文雄首相がイチかバチかの解散総選挙に打って出るとの見方も広がる。

 激動の2024年の「今」と「今後」について、かつて自民党で行政改革担当相や金融担当相などを務めた渡辺喜美氏に聞いた。第2回は「どうなる岸田政権」をテーマにお伝えする(聞き手・経済アナリストの佐藤健太氏)。

目次

 自民党派閥の裏金問題不起訴に渡辺喜美「不適切にもほどがある」「派閥解消はパフォーマンスと見抜かれている」

――岸田首相は昨年、増税プランと社会保険料アップを検討しているとの見方からネット上で「増税メガネ」と揶揄されました。直近の世論調査でも支持率は1~2割台で、依然として厳しい政権運営が続いています。支持率が低い理由をどう見ていますか。

渡辺喜美

 第1に、政策が中途半端だ。国民負担率をステルス的に上げる一方で、申し訳程度の減税になっている。2つ目の原因は、自民党派閥の裏金問題で刑事事件化し、不起訴になった議員も未処分のままである。さらに「不倫議員」「不適切パーティー議員」が次から次へと報じられ、これでは「不適切にもほどがある」と国民の多くが感じているはずだ。

今すぐ無料で登録して続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.