この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

日本は敵国…ミサイル撃たれ放題「沖縄は火の海」訪台ペロシ議長の人権外交で悪夢の米中衝突・台湾有事

人気取りか単なるわがままか。中国のメンツを潰しただけの台湾訪問

 ナンシー・ペロシ米下院議長が、8月2日に行った「台湾訪問」が、中国の大きな反発を招き、東アジア地域の緊張を高めている。これまで、アメリカは台湾への支援を実施してきたが、米国の高官が台湾を訪れることはまれであり、最後に台湾を訪問した高官は1997年のニュート・ギングリッチ下院議長(共和党)であった。ペロシ下院議長が「米国で序列ナンバー3の政治家」であることが、中国国営メディアで繰り返し強調されていて、メンツを重んじる中国の反発の理由がよくわかる。

 そしてまた、過去の下院議長の訪台もそうだが、今回の下院議長の訪台も、「台湾」をめぐる情勢が、全ての当事者にとっての事態の改善に結びつく見通しは立っておらず、今回の訪台も、ただ東アジア地域の軍事的緊張を高めただけで、結果として、本人の人気取りに終わってしまいそうなのが残念だ。

 ペロシ下院議長が、中国を怒らせたのは、今回が初めてではない。中国民衆が大規模なデモを行い、中国政府が暴力で鎮圧した1989年の天安門事件。その2年後に、ペロシ下院議長は、事件のあった天安門広場を訪れて、「中国の民主化のために死んだ人々へ」と中国語と英語で書かれた横断幕を掲げた。以来、天安門事件を教訓として、チベット人、ウイグル人、香港の民主化運動家への支援を主張してきた。今年2月の北京冬季オリンピックを前にして、「商業的利益を理由に中国での人権侵害に声を上げなければ、どこの国の人権侵害にも声を上げる道徳的権威を失う」として、米国に中国のこれまでの人権状況を糾弾するよう促している。

沖縄がミサイル撃たれ放題…日本はそれをじっと見るだけ

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題
この記事の著者
小倉健一

1979年生まれ。京都大学経済学部卒業。国会議員秘書を経てプレジデント社へ入社、プレジデント編集部配属。経済誌としては当時最年少でプレジデント編集長就任(2020年1月)。2021年7月に独立。現在に至る。 Twitter :@ogurapunk、CONTACT : https://k-ogura.jp/contact

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.