この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

なぜ日本人は太平洋戦争に興味を持てなくなってしまったのか…マスコミの自分勝手な戦争報道にマンネリ化

盛り上がりに欠ける終戦記念日。なぜ、人々は「あの戦争」に関心を持たなくなったのか?

 今年も8月15日がやってきて、NHKなどは連日、戦争に関する特番を放送した。ニュース番組でも、各地で行われている「戦争を語り継ぐイベント」を地方ニュースとして取り上げ、戦争を経験した当事者と、その経験に耳を傾ける若い世代を画面に映し出していた。

 アジア・太平洋戦争に関する書籍も、7月あたりから終戦記念日までの1カ月の間に刊行するのが「季節もの」の感があり、2022年も例にもれず『日本軍が銃をおいた日――太平洋戦争の終焉』(早川書房、名作の復刊シリーズ)、『中国の「よい戦争」――甦る抗日戦争の記憶と新たなナショナリズム』(みすず書房)や、現在進行形の歴史をも含んだ『戦争とデザイン』(左右社)などが刊行されている。

 それでも、何か今年の終戦記念日は「盛り上がり」に欠ける。人々が「あの戦争」について語り、時に日本国内の右派左派、あるいは日本と中韓が衝突し、大きな話題になるということが起きていない。人々は「アジア・太平洋戦争」への関心を失ってしまったのだろうか。だとすればその理由は何か。

“現在進行形の戦争” ロシアのウクライナ侵攻が大戦の記憶を押しやり…テレビは無知で陳腐な戦争企画を繰り返す

 まずは言うまでもなく、「ロシアがウクライナに侵攻した」、つまり「現在進行形の戦争が起きている」ために、先の戦争どころではないという要素が挙げられるだろう。

 もちろん、ロシアのウクライナ侵攻に対して、「あの戦争」を重ねて見る人たちは多くいる。8月15日当日のNHKでは、「ウクライナの子供たちや、遺体を埋める様子をテレビで見ていると、戦争で亡くした妹を埋葬した時のことを思い出す。なんとか、ミルク一つでも届けてあげたい」と話す高齢者の姿が放送されていた。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題

    この記事はいかがでしたか?
    感想を一言!

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.