この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

「すでに日本の領土は包囲された」安倍さんさえいれば…米中チキンレースで犠牲となる日本人

台湾は「極東のウクライナ」状態、中国による侵攻のリスク大

 2022年8月2日の深夜、米下院議長、ナンシー・ペロシ氏が訪台した。最大の問題は2022年2月24日にロシアがウクライナに侵攻したことで世界が変容してしまったことだ。国連安全保障理事会のメンバーが外交を支配し、結局のところ核兵器を保有する国が軍事を支配することが明らかになってしまった。

 ウクライナは安全保障同盟に加盟していない。そこで核保有国の侵略を抑止するのは「同盟」ということも明らかになった。だからこそスウェーデンとフィンランドは「中立」の立場を捨ててNATO(北大西洋条約機構)に加盟を申請したのである。

 1971年10月25日に国連のアルバニア決議で中国大陸の統治国が中華民国(台湾)から中華人民共和国(中国)に移った。このことで台湾は国連から脱退。多くの国から断交されることになってしまう。台湾は「極東のウクライナ」状態であり、中国の侵攻リスクは現実味を帯びていたのである。

 台湾が多くの国と関係を深化させることは、台湾の「脱ウクライナ状態」を意味する。そのことを嫌がった中国は、ペロシ氏訪台に先駆けて猛反発。2022年7月28日には、習近平国家主席がバイデン大統領と電話会談を行い、自らペロシ氏訪台に強く反対する立場を伝えた。

 ペロシ氏訪台同日の同年8月2日には、中国外務省が「中国の主権と領土保全を侵害した」とし、「中国はあらゆる必要な措置を必ず講じ、一切の結果はアメリカ側と『台湾独立』勢力に責任がある」と対抗措置を表明。しかしアメリカは中国からの圧力に屈することはなく、台湾当局も歓迎の態度を変えず、予定どおりの訪台が行われたのである。

ペロシ訪台により、日本の海上も実は封鎖された

 そして同月4日から、中国軍が台湾周辺での大規模な軍事演習を開始する。

 この演習の海域には日本の排他的経済水域(EEZ)が含まれていた。そして中国は、日本のEEZにミサイルを着弾させている。日本にとって最大の問題は、「台湾・与那国島が海上封鎖」されたことである。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題
この記事の著者
渡邉哲也

作家・経済評論家。日本大学法学部経営法学科卒業。貿易会社に勤務し独立。複数の企業を経営、インターネット等での経済評論が話題となり、2008年8月リーマン破綻を予言した「ドル崩壊」(三橋貴明著)を監修、『本当にヤバイ!欧州経済』を発表、内外の政治経済のリサーチや分析に定評があり、政策立案の支援等幅広く活動、ベストセラー多数、著作は50作以上。

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.