この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

「中国本土を攻撃できる兵器開発を!」の声も 中国離れが加速する台湾…好戦ムードで問われる日本の覚悟(特集:丸わかり中国経済 第6回)

 ロシアのウクライナ侵攻以来、「次は台湾」と言われてきたが、実際に台湾の人々は、現在の国際情勢の急変や、大陸・中国に対してどのような感情を持っているのか。みんかぶプレミアム特集「丸わかり中国経済」(全10回)第6回は、ジャーナリスト・野嶋剛さんが、ペロシ訪問以来1カ月の台湾滞在で現地の人々の本音を探った。

目次

台湾の人々はなぜペロシ訪台に熱狂したのか

 私は8月3日にコロナ禍以降、数年ぶりに台北松山空港に降り立ちました。偶然だったのですが、前日に訪台したナンシー・ペロシ米下院議長の帰国日時に重なっていました。空港には、ペロシ議長が乗る米軍機があり、それを見送る台湾人が集まり、大変な騒ぎでした。

 ペロシ議長の訪台前、習近平総書記はバイデン大統領との電話会談で「中国の民意に逆らって火遊びをすれば身を焦がす」と釘を刺していました。バイデンも訪台には消極的で、ペロシの訪問リストから一度、台湾は消え、結局、台湾には寄らないのではないかとの情報も流れていました。来るのか来ないのか。台湾の人たちはみな、やきもきしながら、ペロシ議長が搭乗した米軍機をリアルタイムで追えるウェブサイト「フライトレーダー24」に注目していました。サイトを同時に閲覧していた人の数はなんと約70万人! 台湾行きの軌道が確認されたとき、「やった、ペロシが台湾に来る!」と歓喜の声が上がったそうです。

 当初は中国の批判をかわすため、空港にほんの数時間滞在するだけで、その場で蔡英文総統と会談する、という観測もありました。ですが結局、蔡総統との会談のみならず、立法院(議会)、総統府、人権博物館まで訪れ、大勢のメディアに見つめられる中、記者会見も行いました。わずか20数時間の滞在でしたが、非常に密度の濃いスケジュールをこなしました。そうした中で台湾人が熱狂したのは、ペロシ議長の言葉です。「アメリカは台湾を見捨てない」「アメリカと世界は台湾とともにいる」――それは台湾人が最も望んでいたメッセージだったのです。

今回の中国の軍事演習に台湾人は脅威を感じてはいなかった!?

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題
この記事の著者
野嶋剛

ジャーナリスト、作家、大東文化大学社会学部教授。1968年生まれ。上智大学新聞学科卒。朝日新聞入社後、政治部、台北支局長、国際編集部次長、AERA編集部などを経て、2016年4月に独立。各メディアでの執筆、テレビ出演、講演などを活発に行っている。著書に『ふたつの故宮博物院』『台湾とは何か』『香港とは何か』『蒋介石を救った帝国軍人 台湾軍事顧問団・白団の真相』(ちくま文庫)など。最新作は『新中国論 台湾・香港と習近平体制』(平凡社新書)。

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.