この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

「銃撃された安倍晋三は偽物だった」「真犯人は別にいる」…なぜ、トンチキ陰謀論に人はまんまとはまるのか

政党関係者や言論人までもが「真犯人」探し

 世界中に衝撃が走った安倍晋三元総理の銃殺事件から2カ月が過ぎた。27日には、賛否が分かれた国葬も執り行われた。故人への追悼よりも政治と宗教の関係を始めとする様々な問題が根深く残ってしまいそうだ。そんな中、今後ずっと消えずに語られそうなものの一つが、銃撃をめぐる「陰謀論」である。

 近年のSNS上には、確定的事実とは異なる「隠された真実」を断片的な情報から求め、一般的に知られていない、想像にすぎないことを断定する局地的ブームが起こっている。コロナ禍の鬱屈(うっくつ)もあってか、不確かな情報がより飛び交うようになり、今回の安倍氏銃撃事件でも数多くのまことしやかな “真実” がささやかれた。

 筆者はTwitter上で情報収集用アカウントを持ち、陰謀論などを日常的に発信するアカウントを2000以上フォローしている。安倍氏銃撃に関するトンデモ説はこれまで飽きるほど目にしてきた。

 その中でも、まずは比較的軽めの説から一つ紹介したい。「犯人が別にいるのでは」という主張だ。事件の映像では、山上徹也容疑者の発砲と安倍氏が倒れた様子がはっきり映し出されていたが、この動画を独自にコマ送りにして銃声と速度を分析し、「山上の銃では無理」と結論付けたり、「病院や警察発表と銃弾の入射角度に矛盾が」などと推論したりする大型アカウントが複数あった。

 この説が、ネット民の間だけではなく、国政政党関係者や保守系言論人の間でも取り上げられ、真剣に語られてしまったのだ。「根拠が薄い」「陰謀論」との指摘を受けると、そうした知識人は「仮説や検証することさえダメなのか」と開き直ったり余計に意固地になったりするから、割と始末が悪かった。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題

    この記事はいかがでしたか?
    感想を一言!

この記事の著者
黒猫ドラネコ

Webライター、漫画原作者。九州出身の30代。スピリチュアル・ビジネス、疑似科学、反ワクチンなどネット上の怪しい案件を綴るニュースレター「トンデモ観察記」(https://kurodoraneko15.theletter.jp/)を配信している。LINEマンガで「妻が子宮カルトに沼りました」連載中 Twitter @kurodoraneko15

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.