大乱闘、都知事戦「真の勝者」は誰だ!石丸氏か、安野氏か、暇空氏か…強すぎた女帝を支えた人たち、蓮舫から離れた人たち

 7月7日投開票された任期満了に伴う東京都知事選は、3選を目指した小池百合子知事の圧勝で幕を閉じた。過去最多56人が立候補したなかで、現職小池氏、立憲・共産が推した蓮舫氏以外にも多くの候補者がプレゼンスを残した。人工知能(AI)エンジニア会社経営でSF作家の顔を持つ安野貴博氏は、政治未経験ながらも政策や選挙戦略が話題を呼び、4位田母神俊雄氏に次ぐ5位で14万票を獲得した。SNSで高い影響力を持つ暇空茜氏も桜井誠氏らを上回り7位(11万票)だった。何より、石丸伸二氏が蓮舫氏を抑えて2位で終えたことは、永田町に衝撃を与えた。

 たが、ポスター掲示板問題や自称ジャーナリスト・YouTuberによる執拗な“突撃”や選挙妨害、そして候補者への脅迫など異様な「首都決戦」でもあった。

 では、今回の都知事選において「真の勝者」は誰だったのか。選挙分析に定評がある経済アナリストの佐藤健太氏は「強いて言えば、勝者は『無党派層』。既成政党への批判が高まる中、今後はあらゆる選挙で影響が増してくるだろう」と見るーー。

目次

選挙に強すぎるからこその女帝・小池百合子

 現職の小池氏は序盤からリードし、最後まで支持を上げも下げもしない安定した選挙戦を展開した。開票結果を見ても、得票数は290万票を超えて2位の元広島県安芸高田市長、石丸伸二氏に120万票以上の差をつけて勝利している。毀誉褒貶がつきまとう小池氏だが、この結果は「選挙に強い小池百合子」を改めて印象付けるものだ。

 過去の都知事選を振り返れば、実は3期目に挑戦する現職知事は得票数を大きく減らしてきた。1955年の都知事選で3期目を目指した安井誠一郎氏は約131万票を得て当選したが、その4年前の知事選では約143万票を獲得。1975年の知事選で3選を果たした初の革新系都知事である美濃部亮吉氏は約182万票で、前回(1971年)の約362万票から得票数は半減した。

2期目がピーク、3期目は得票数を落とす

 その後も1987年の知事選で約213万票を集めた鈴木俊一氏は2期目の当選時に比べて23万票減、石原慎太郎氏も3選を果たした2007年は約281万票で前回比28万票のマイナスとなっている。いずれも2期目の当選時に得票数はピークが訪れていることがわかる。

 コロナ禍で行われた2020年の知事選で再選を果たした小池氏は約366万票を獲得し、次点の候補者に約280万票の差をつけて圧勝した。小池氏も「3期目のジンクス」にならい得票数を減らしているわけだ。2020年と今回の知事選では次点との差が2倍以上も違っているのだが、それは投票率が5ポイント程度上昇したことで説明はつく。

2016年の選挙とほぼ一緒の結果に

 小池氏が初当選した2016年の知事選(投票率59.73%)は今回の開票結果に近いと言える。小池氏は約291万票を集め、次点は約179万票、3位は約135万票を獲得した。今回(投票率60.62%)は小池氏が約292万票、次点の石丸氏は約166万票、3位の元参院議員・蓮舫氏は約128万票だ。投票率や3位までの得票数がほとんど変わっていないことがわかるだろう。

 NHKが投票日当日(7月7日)に実施した出口調査の結果を見ると、小池氏は支持政党別で自民党支持層の60%台半ば、公明党支持層の80%あまり、日本維新の会支持層の40%台半ばに加え、支持政党を持たない「無党派層」からも30%あまりの支持を得ている。

 次点だった石丸氏は自民党支持層の10%台後半、国民民主党支持層の約40%、日本維新の会支持層の20%台半ばに加えて、「無党派層」の30%あまりが支持した。3位に終わった蓮舫氏は告示日直前に離党した立憲民主党や共産党支持層の60%台後半、れいわ新選組支持層の約30%を獲得していたが、「無党派層」は約20%の支持にとどまった。

小池と石丸「無党派層」3割近くからそれぞれ獲得、蓮舫大きく離す

 約1100万人の有権者が存在する首都で5割近くを占めるとされる「無党派層」の支持を広く集められるか否かは選挙結果に直結する。JNNの出口調査でも小池氏と石丸氏は「無党派層」の3割近くからそれぞれ支持され、蓮舫氏を大きく離していることがわかる。このボリュームゾーンを獲得できなければ「首都の顔」になることは困難なのだ。

 「選挙に強い」といわれる小池氏の最大の武器は、この「無党派層」に食い込んでいる点にある。今回の都知事選で小池氏は自民党や公明党などの実質的な支援を受け、無党派層からも約3割の支持を得て3選を果たした。だが、初当選した2016年の知事選で小池氏には無党派層の半分近くが投票している。

裏金問題を重視する有権者も蓮舫より小池支持

 当時の相手は自民党と公明党の推薦を得た元総務相の増田寛也氏、野党4党の統一候補だった鳥越俊太郎氏だった。既成政党がいくら組織票を固めたとしても「無党派層」から多く支持を得た小池氏には勝てなかったのだ。この時、小池氏は政党の推薦・支持がなかったにもかかわらず、自民党や民進党、共産党などの支持層から幅広く得票している。今回の都知事選でも小池氏は対立候補の立憲民主党や共産党の支持層から一定の得票がみられた。

 最大のボリュームゾーンに加え、男女や年代、支持政党に関係なく幅広い支持を集めれば、小池氏が勝つのは当然の結果と言える。各種調査によれば、2期8年の小池都政に対しては約6割が「評価する」と回答している。加えて、派閥の政治資金パーティーをめぐる裏金問題で揺れる自民党をにらみ、蓮舫氏は「反自民、非小池」と掲げて小池都政をリセットすると強調していたが、裏金問題を重視する有権者においても小池氏の方が蓮舫氏よりも多く支持された。この点を見ても、小池氏の「選挙強者」ぶりが際立っていると言えるだろう。

石丸の強さにも永田町に衝撃走る…今後に注目

 直前まで広島県安芸高田市長を務めていたとはいえ、首都圏でほとんど無名だった石丸氏が2位に入ったことには政界に衝撃が走る。先のJNN出口調査によれば、石丸氏は10代・20代で小池氏や蓮舫氏よりも多く支持され、無党派層からの支持も小池氏と並ぶ勢いを見せた。

 選挙後、石丸氏は「結果においては都民の総意があらわれた」とした上で、今後の国政選挙に関しては「選択肢としては当然考える。たとえば、広島1区。岸田文雄首相の選挙区です」と説明。さらに7月7日夜のフジテレビ系番組「Mr.サンデー」では「ひとまずは政治の業界に身を置き続けようと考えています。選択肢、可能性というのは色々なものが存在します」と述べている。

 さらに番組ゲストの橋下徹元大阪府知事や泉房穂元兵庫県明石市長に対しては「泉さんや橋下さんが新党を立ち上げるとおっしゃる場合には、ぜひ一緒に頑張りたいと思う次第です」と語り、現時点で新党結成などの意思はないものの“新風”を吹かせていきたいとの意欲を示した。すでに一部の政党からは警戒心が強まっている。

石丸氏が台風の目になる」と判断するのは時期尚早

 たしかに石丸氏の今回の結果は「大善戦」と言える。与野党を問わず、既成政党に幻滅した有権者が若者を中心に石丸氏に「何かを変えてほしい」と期待を込めたのは間違いないだろう。だが、だからと言って「石丸新党」「石丸氏が台風の目になる」などと判断するのは時期尚早と言える。

 なぜならば、石丸氏は既成政党の支持層から今回の都知事選で多くの支持を剝がしとったわけではないからだ。2016年の知事選で小池氏が無党派層や幅広い政党の支持層から多く得票したものの、その後の国政進出で挫折したことは記憶に新しい。仮に新党結成になったとしても、石丸氏が出馬できるのは当然1つの選挙区か比例区であり、それ以外の候補者を石丸氏と同じレベルで集めるのは難しいはずだ。

都市部に強い、無党派に強い、だからこその「広島一区」

 その点を十分に理解しているからこそ、石丸氏は橋下氏や泉氏と「一緒に」と発言したのではないか。加えて、今回の都知事選で約166万票を獲得できたからといっても、その他の選挙で同じように集票できるかは不透明と言える。今回、石丸氏は3割近い無党派層の支持を得たが、無党派層の多い東京に比べて地方では既成政党の支持層が厚い。この点も石丸氏は理解しているとみられ、例として都市部の「広島1区」をあげたのだろう。

 都知事選と同じ日に投開票を迎えた広島県安芸高田市長選においては、石丸市政の転換を掲げた新顔が当選を果たしている。1つの選挙結果だけを見て判断することはできないが、今回の知事選で無党派層の約3割は「石丸氏だから投票した」のか、それとも「既成政党の支援を受けている候補者が嫌だから消去法的に石丸氏に投票した」のか、といった点が問われることになる。

 前者であれば、既成政党が警戒する通り総選挙などで「石丸旋風」が吹き荒れる可能性はある。ただ、後者であれば今回の都知事選では「別に石丸氏でなくても、現在の政治状況を変えてくれそうな新たな顔が出てくれば良かっただけ」ということになり、一時的な盛り上がりに過ぎなかったことになる。この点は大いに注目すべきだ。

 以前から「フワッとした民意」は選挙の行方を左右してきた。裏金問題で大逆風を受ける岸田文雄首相が率いる自民党や既成政党は次期衆院選でどのような選挙戦略を描くのか。それ次第で結果は大いに変わり得る可能性を示した今回の都知事選だったと言える。

    この記事はいかがでしたか?
    感想を一言!

この記事の著者
佐藤健太

ライフプランのFP相談サービス『マネーセージ』(https://moneysage.jp)執行役員(CMO)。心理カウンセラー・デジタル×教育アナリスト。社会問題から政治・経済まで幅広いテーマでソーシャルリスニングも用いた分析を行い、各種コンサルティングも担う。様々なメディアでコラムニストとしても活躍している

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.