不動産投資の融資(ローン)

不動産投資の融資

不動産投資を行う場合には、不動産投資の融資を借り入れて投資を行うのが一般的です。

では、この不動産投資の融資とはどのようなもので、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。ここでは不動産投資の融資について解説していきます。

目次

不動産投資の融資とは

不動産投資の融資とは

不動産投資の融資とは、不動産投資用の物件を購入する際に銀行などの金融機関から借り入れる融資(ローン)のことをいいます。

この不動産投資の融資の大きな特徴は、自分で居住するための不動産を購入する場合には利用できないという点です。

また、居住用不動産購入のための融資ではないので、フラット35を利用することはできません

不動産投資の融資のメリットとデメリット

不動産投資の融資のメリット・デメリット

不動産投資の融資のメリットとデメリットには、以下のようなものがあります。

メリット

不動産投資の融資を借り入れることで、自己資金以上の価格の不動産投資用物件を購入できるという点が大きなメリットです。

これを「レバレッジを効かせる」と言います。

また、この不動産投資の融資の返済は、不動産投資用物件の家賃収入から行うことができます。

デメリット

不動産投資の融資のデメリットは、月々の返済額を慎重に決めないと不動産投資自体が失敗してしまう可能性があることです。

返済比率(家賃収入に占める不動産投資の融資の返済額の割合)が高いと、不動産投資が失敗してしまう危険性があります。

そのため、毎月の返済額やその他の必要な諸費用を綿密にシミュレーションしておく必要があります。

一般的な住宅ローンとの違い

不動産投資の融資と住宅ローンの違い

不動産投資の融資と住宅ローンには様々な違いがあります。まず金利についてですが、住宅ローンの方が金利は低くなっています。

その理由は給与収入などの個人の収入が返済源になるのに対して、不動産投資の融資は家賃収入が返済源となるためリスクが高いと考えられるからです。

また、一般的な住宅ローンは勤務先や勤続年数、年収、家族構成、今までに金融事故を起こしていないか、どの程度の自己資金を用意できるかといった項目について審査が行われます。

しかし不動産投資の融資の場合は、それに加えてすでに不動産投資用物件を所有しているか購入予定の不動産投資用物件にどの程度の収益性があるかといった点も審査の対象となるため、審査が厳しくなります。

返済終了時の年齢も住宅ローンと不動産投資の融資では異なります。

住宅ローンは、給与収入など個人の収入が途絶えると考えられる期間までに返済するよう設定されることが多いため、不動産投資の融資より短く設定されることがほとんどです。

不動産投資の融資を取り扱っている金融機関とは

不動産投資の融資の借り入れやすさは、借り入れやすい順に日本政策金融公庫ノンバンクSBJ銀行・地方銀行オリックス銀行メガバンク・信託銀行となります。

融資が受けやすい金融機関は審査基準が緩い傾向がありますが、金利が高かったり、返済期間が短かったりする傾向があります。

不動産投資の融資の流れ

不動産投資の融資の借り入れまでの流れ

不動産投資の融資を借り入れるまでの流れは、以下のようになります。

ローン申請用の書類を揃える

身分証明書、健康保険証、源泉徴収票又は確定申告書など所得を証明する書類、保有資産の一覧表、保有資産の残高証明・通帳など、不動産投資の融資を借り入れた際の返済予定表、住民票、印鑑証明、納税証明書、会社勤めの人は給与明細などを揃えます。

ローン審査

準備した必要書類を、融資を受けたいと希望する金融機関に提出し、ローンの審査が可能と判断されたら、ローン審査の開始となります。ローン審査には通常数週間から一か月程度の期間がかかります。

融資決定

ローン審査を通過し、不動産投資の融資の貸し付けが可能であると金融機関が判断すると、不動産投資の融資が決定します。

融資手続き

不動産投資の融資が決定したら、融資の手続きを行います。この手続きには、金銭消費貸借契約、抵当権設定または根抵当権設定契約、団体信用生命保険への加入手続きがあります。

不動産投資の融資を借り入れる際に必要な諸費用

不動産投資の融資の融資を受ける際には、諸費用が必要です。この必要となる諸費用を解説していきます。

不動産投資の融資事務手数料

不動産投資の融資の事務手数料が必要です。一般的には借入金額の1%から3%程度です。

不動産投資の融資保証料

ローン保証会社と契約を結ぶ場合に必要な費用のことです。ローンの返済金利に上乗せして支払う方法もあり、一般的には借入金額の2%程度ですが、不要な金融機関もあります。

まとめ

ここまで不動産投資の融資について解説してきました。内容をよく把握して、スムーズに不動産投資の融資を受けられるようにしましょう。

みんかぶ編集室

資産運用のトレンド情報や、初心者が楽しく学べるお金の基本コラムなど、資産形成をするすべての人に向けた記事を提供します。

おすすめ記事

マガジン総合

読みだしたら止まらない! あなたの人生を豊かにする超厳選記事

連載FPがニュースを斬る!

ニュースで報道される事件・事故などをファイナンシャルプランナーが調査!

連載みんかぶ資格部

現在の収入を確実にアップさせる方法として「資格取得」を取り上げます!

連載人生100年時代の生活資金シミュレーション

老後資金の計算をする上で気になるポイントと差を検証していきます!

連載みんかぶFP相談室

みんながもっとハッピーになれるライフプランの魔法をお伝えします!

連載めざせ!理想のポートフォリオ

これから本格的に投資を始める方へ向けた「投資エッセイ」がスタート!

連載子育て30’sの『めざせ!富裕層』大作戦

子育て30’sが資産形成に奮闘する姿をドキュメンタリー形式でお伝えします!

連載2022年はリカレントが熱ちい!

雇用制度改革の必須条件である「リカレント教育」について熱く語ります!

連載FPの"気まぐれ"家計相談

相談経験が豊富なFPが、ライフプランのポイントを解説!

連載お先にライフシフト

「人生100年時代」の新しいライフスタイルをみんなで実現しましょう!

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCoについて気になる情報をお届け!

NISA・つみたてNISA

NISA(ニーサ)・つみたて(積立)NISAについて気になる情報をお届け!

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.