この記事はみんかぶプレミアム会員限定です
FP(ファイナンシャルプランナー)がニュースを斬る

第9回 オミクロン株[その2]大流行の兆候あり、コロナ政策を把握し、家計を徹底防衛せよ!

古田 靖昭
公開)
オミクロン株対策
※写真はイメージです。

前回はデルタ株の流行期に感染し療養したAさんのケースを取り上げ、治療にかかる費用や休業補償についてご説明しました。

今回は、オミクロン株の感染爆発時に家計を助けてくれる行政支援(生活・暮らしへの支援)についてご紹介いたします。

目次

生活・暮らしへの支援の概要

昨年10月末に総選挙が終わり、岸田政権が本格的に始動しました。

目玉となる生活支援策は2種類の10万円給付のみ。

アルファ~デルタ株流行時の生活支援策の中で期限が延長されなかったものがあるため、オミクロン株対策の点では、やや心細い印象を受けました。

令和3年11月19日 閣議決定

新政権のコロナ支援の概要は昨年11月19日の閣議で決定しています。

【コロナ克服・新時代開拓のための経済対策「生活・暮らしへの支援」(令和3年11月19日 閣議決定)】

住民税非課税世帯に対する給付金(仮称)/ 新型コロナの影響により厳しい状況にある学生等の学びを継続するための緊急給付金(文部科学省)/ 緊急小口資金等の特例貸付(厚生労働省)/ 住居確保給付金の支給(厚生労働省)/ 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の支給(厚生労働省)/ 新型コロナウイルス感染症セーフティーネット強化交付金(厚生労働省)/ 子育て世帯への臨時特別給付/ マイナポイント第2弾(総務省、厚生労働省、デジタル庁)/ 雇用調整助成金の特例措置等(厚生労働省)/ 雇用保険財政の安定(厚生労働省)/ 産業雇用安定助成金等による在籍型出向の活用促進(厚生労働省)/ トライアル雇用助成金の活用促進(厚生労働省)/ コロナ禍での非正規雇用労働者等の労働移動支援事業(厚生労働省)/ 新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金(厚生労働省)/ 求職者支援制度による非正規雇用労働者の再就職、転職、能力開発への支援の強化(厚生労働省)/ ハローワークにおける人材不足分野に係る就職支援(厚生労働省)/ 生活困窮者等支援民間団体活動助成事業(厚生労働省)/ 新型コロナウイルスの影響に伴う国民健康保険料・介護保険料等の減免を行った市町村等に対する財政支援(厚生労働省)/ 孤独・孤立対策の強化(孤独・孤立対策連携プラットフォーム(仮称)設立準備等)(内閣官房)/ 国産農林水産物等販路新規開拓緊急対策事業(農林水産省) 【再掲】/ フードバンク支援緊急対策事業(農林水産省)/ 政府備蓄米の子供食堂等への無償交付の民間利用促進(農林水産省)/ 地域女性活躍推進交付金(内閣府)/ 子供の未来応援地域ネットワーク形成支援事業(地域子供の未来応援交付金)(内閣府)

(2021年第14回経済財政諮問会議 資料1「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」より引用改変)

しかし、上記の生活支援策には

・生活者に直接給付されないもの(自治体の相談活動への支援、トライアル雇用助成金の活用促進等)
・コロナ流行の有無にかかわらず実施されるもの(ハローワークにおける人材不足分野に係る就職支援等)
・コロナ被災者への支援とは言えないもの(マイナポイント第2弾等)

が含まれており、この3つについてはここでご説明する必要はないと感じました。

そこで本記事では、オミクロン株の流行に的を絞ってお伝えするため

  • 岸田内閣が新たに打ち出した2種類の10万円給付

および従来の施策を延長するもののうち

  • 家計への支援
  • 子どもへの支援

について取り上げることにしました。

新たに打ち出した支援策

岸田内閣が新たに取り組む2つの支援策は、いずれも対象を限定して10万円を支給するものです。

ニュースで繰り返し報道されており内容はご存じと思うので、ここでは簡単に確認するにとどめます。

子育て世帯への臨時特別給付

児童手当の支給方法を使って、0歳から高校3年生(平成15年4月2日から令和4年3月31日までの間に出生)の子どもを扶養する人に、子ども1人当たり10万円相当の現金やクーポン券を「プッシュ型」で給付します。

ただし扶養者の所得制限については、テレビなどで語られている「一律960万円以上」ではありません。

内閣府の資料では「年収960万円以上」は「扶養親族等が児童2人と年収103万円以下の配偶者の場合の目安」とされていますし、本給付が利用する児童手当の仕組みでは、所得制限は「扶養親族等の数」によって異なる金額が定められています。

[参照]内閣府ホームページ「子育て世帯への臨時特別給付 概要」「児童手当制度のご案内

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(仮称)

住民税均等割非課税世帯や令和3年1月以降に新型コロナウイルス感染症の影響で家計急変のあった世帯を支援する新たな給付金です。1世帯あたり10万円を現金給付します。

世帯全員の「令和3年度 住民税均等割が非課税の場合は申請の必要はありません

令和3年1月以降の年収が減少し住民税非課税相当の収入となった場合は、住民登録のある市区町村に申請する必要があります

[参照]内閣府ホームページ「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(10万円 / 1世帯)のご案内

従来の支援策の期限を延長するもの

2020年から2021年前半にかけて相次いで実施されたコロナ支援の期限を延長したものです。

「家計への支援」「子育て支援」の2分野に分けてご説明します。

プレミアム会員になると続きを読めます
30日間無料で試してみる
通常 990円 / 月(税込)
みんかぶプレミアムとは

すでに会員の方はログイン

古田 靖昭

保険ライター。保険やファイナンシャルプランに関わる内容を中心に執筆を行っている。2級ファイナンシャルプランニング技能士を取得し、生命保険の営業を経て現在に至る。保険の使い方や制度に関する知識は日々アップデートしている。

関連記事

おすすめ記事

マガジン総合

読みだしたら止まらない! あなたの人生を豊かにする超厳選記事

連載FPがニュースを斬る!

ニュースで報道される事件・事故などをファイナンシャルプランナーが調査!

連載みんかぶ資格部

現在の収入を確実にアップさせる方法として「資格取得」を取り上げます!

連載人生100年時代の生活資金シミュレーション

老後資金の計算をする上で気になるポイントと差を検証していきます!

連載みんかぶFP相談室

みんながもっとハッピーになれるライフプランの魔法をお伝えします!

連載めざせ!理想のポートフォリオ

これから本格的に投資を始める方へ向けた「投資エッセイ」がスタート!

連載子育て30’sの『めざせ!富裕層』大作戦

子育て30’sが資産形成に奮闘する姿をドキュメンタリー形式でお伝えします!

連載2022年はリカレントが熱ちい!

雇用制度改革の必須条件である「リカレント教育」について熱く語ります!

連載FPの"気まぐれ"家計相談

相談経験が豊富なFPが、ライフプランのポイントを解説!

連載お先にライフシフト

「人生100年時代」の新しいライフスタイルをみんなで実現しましょう!

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCoについて気になる情報をお届け!

NISA・つみたてNISA

NISA(ニーサ)・つみたて(積立)NISAについて気になる情報をお届け!

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.