この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

150億投資家・片山晃の大注目銘柄4選…企業取材から投資先を切り替え株価20倍に、資産6億円全額をあなたなら投資に突っ込めるか

片山晃

本稿で紹介している銘柄:日本ライフライン(7575)、ボルテージ(3639)、インタースペース(2122)、ファンコミュニケーションズ(2461)、住信SBIネット銀行(7163)、I-ne(アイエヌイー)(4933)、プレミアアンチエイジング(4934)、セーフィー(4375)、ヤプリ(4168)

 元手65万円から150億円以上の個人資産を築いた元祖 “カリスマ個人投資家” の片山晃氏。同氏は「人生を賭けたギャンブル」として挑んだ日本ライフライン(7575、東証プライム)への全資産投資で、元手の6億円をレバレッジを掛けて突っ込んだ結果、資産100億円を突破したのだ。

 「ギャンブル」とはいえど、そこに確かな自信がなければ、全額資産を賭けることなど到底できない。片山氏はいかにしてその自信を築き、6億の元手を全額張ることができたのか。2023年要注目の4銘柄もあわせて聞いた。インタビュー全2回の2回目。

目次

企業取材という新たな武器を手に入れ20倍株を発見

 ボルテージ(3639、東証スタンダード)への投資の成功で、成長株投資を中心にやっていこうと確信し、次の投資先を探していました。

 当時はスマホの普及が加速していた時期で、「その波に乗りたい」と思いました。そこで、「この波に乗って、どんな銘柄がきても、好影響がある銘柄は何か」という発想で、モバイルインターネット広告セクターに注目することにしました。

 「スマホというデバイスが世の中に普及したのは、いわば“道路”が敷かれたようなもので、そこにどんなコンテンツやサービスが流通するにせよ、モノを運ぶ”トラック”は必要になる。ネット上の”トラック”は何かと考えた時に、それは広告だろうと。だから、何が売れたって、モバイルインターネット広告企業の株価は上昇していくのではないか」と考えました。

 そして2011年頃、指標面で割安な、インタースペース(2122、東証スタンダード)に投資することにしました。当時の時価総額が20億円程度で小さかったことと、マーケットも悪かったことから、20億のうちの6000万円、つまり時価総額の約3%を保有することになってしまいました。

 それに気を使ったのか、「一度、対面で事業説明の機会をください」と先方から申し出があり、「これは貴重なチャンスをいただいた」と思い、資料と仮説を用意して、事業説明の機会をありがたく受けることにしました。

 役員の方と話をしていくと、私の考えていた成長ストーリーに合致する企業は、インタースペースではなく、その競合であるファンコミュニケーションズ(2461、東証プライム)であることが明らかになったのです。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題

    この記事はいかがでしたか?
    感想を一言!

この記事の著者
片山晃

1982年生まれ。2005年に65万円で株式投資を始めると、成長株への集中投資で次々に成果を挙げ、2017年には資産140億円に到達。2013年にはレオス・キャピタルワークスにてアナリスト業務にも従事した。近年は上場株式投資に加え、M&Aなどを通じた事業投資やスタートアップ投資も行っている。主なグループ会社はアパレルブランドのフラットヘッド、競走馬の生産を行うハクレイファームなど。

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.