この記事はみんかぶプレミアム会員限定です

年利計算で+33%、最新の5週で+7%急騰!ChatGPTに「いい銘柄」教えてもらう質問…金融エリートを駆逐しまくるその実力

 プレミアム特集「日経平均4万円、いつまで続くこの株高」第3回は経済誌プレジデントの元編集長、小倉健一氏が生成AIを語る。20年で株価400倍に爆上げしたエヌビディアはなぜここまで評価されるのか。また、AIが世界のファンドを蹴散らしている衝撃の実態もレポートする。ChatGPTになんて質問すればいい銘柄を教えてくれるのか。

目次

超エリートハイテク企業の仲間入りしたエヌビディアってなんだ

 コンピュータチップメーカー「Nvidia社」(エヌビディア社)が、ChatGPT関連銘柄と評価され、株価が急騰して話題になっている。同社の時価評価額は、1兆ドルの大台を突破した。この評価額1兆ドル規模は、アメリカではApple、Amazon、Alphabet、Microsoftといった超エリートハイテク企業の仲間入りを果たしたことになる。

 Nvidia社は、特にコンピュータゲーム用のグラフィックスを処理するタイプのコンピュータチップを製造することで知られており、現在のほとんどのAIアプリケーションを支えている。半導体業界アナリストであるダン・ハッチソン氏は、英国営メディアBBCの取材(5月30日)に対して「AIにとってのNvidiaは、PCにとってのIntelに近い存在だ」と指摘している。インテルの昨年の売上高は630億ドルを超えていて、約270億ドルだったNvidia社を圧倒しているが、時価総額では、逆に、Nvidiaはインテルの8倍以上の市場価値を誇っている。Nvidiaは、今年度第一四半期の 「ゲーム」部門の収益が前年比で38%減少しているにも関わらず、それだけNvidiaがChatGPTとともに成長するのではないかという投資家の期待が集まっているということだろう。

「AIの初期」のブレークスルーを呼び起こした功労者

 ChatGPTは、Nvidia社のGPU(Graphics Processing Unit、画像処理装置)を1万個使用して学習していて、Nvidiaは機械学習用GPU市場の約95%を占めていると、CB Insightsの最新レポートが指摘している。同社のAIチップは、データセンター向けのシステムにも搭載されており、1個あたりおよそ1万ドルだが、最新で最も高性能なものは、それよりもはるかに高い価格で販売されているようだ。

 現在、Nvidia社の最高経営責任者であるジェンスン・フアン氏は、1993年に同社を設立した。創業当時は、ゲームやその他のアプリケーションのためにグラフィックをより良くすることに注力し、1999年には、コンピュータの画像表示を強化するGPUを開発した。このGPUが通常の処理チップでは不可能な、数学演算の高速化に利用できることがわかったことが、同社の今日の発展に直結した。

今すぐ無料トライアルで続きを読もう
著名な投資家・経営者の独占インタビュー・寄稿が多数
マネーだけでなく介護・教育・不動産など厳選記事が全て読み放題
この記事の著者
小倉健一

1979年生まれ。京都大学経済学部卒業。国会議員秘書を経てプレジデント社へ入社、プレジデント編集部配属。経済誌としては当時最年少でプレジデント編集長就任(2020年1月)。2021年7月に独立。現在に至る。 Twitter :@ogurapunk、CONTACT : https://k-ogura.jp/contact

このカテゴリーの最新記事

その他金融商品・関連サイト

ご注意

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、堂島取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

みんなの売買予想、予想株価がわかる資産形成のための情報メディアです。株価・チャート・ニュース・株主優待・IPO情報等の企業情報に加えSNS機能も提供しています。『証券アナリストの予想』『株価診断』『個人投資家の売買予想』これらを総合的に算出した目標株価を掲載。SNS機能では『ブログ』や『掲示板』で個人投資家同士の意見交換や情報収集をしてみるのもオススメです!

関連リンク
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.